お盆遅れ)休みの帰省ラッシュが始まった。この時期、孫に会えることを楽しみにしているおじいちゃんおばあちゃんも多そうだ。

お盆といえば、ここ数年で、「お年玉」の版である「お盆玉」の認知度が高まっている。帰した子供や孫にあげるお小遣いのことで、実際、小学生の約3人に1人がもらっている、との調結果も出ており、ツイッターでも「お盆玉」が話題に上っている。

小学生の37%が「もらっている」

2018年帰省ラッシュが始まり、新幹線の予約のピークは下りが8月11日、上りが15日となっている。10日のツイッターには、「今年はお盆玉、貰えるかなぁ」といったつぶやきもあった。

お盆休みシーズンを直前に控え、「お盆玉」に関係する調結果が相次いで発表された。三井住友カード調べの「お盆玉に関する親子意識調」結果(8月1日)によると、小学生37%、約3人に1人が例年、「お盆玉」をもらっている。額は9345円。

お年玉」の均額、2万1960円の約半額程度であることについて、同社では、「お年玉は親、祖に加え、親戚などからももらう」一方、「お盆玉は祖からもらう」とのコメントが多い、と摘している。「お盆玉」は、「現でもらう」が8割で、「物でもらう」が2割いる、との結果も。調は、小学生子供がいる全男女280人を対に、6月ネットを通じて実施した。

一方、「お盆玉」をあげる方のシニア世代に聞いた「シニアリアル調」18年版の結果を8月9日に発表したのは、あおぞら銀行本店東京都千代田区)だ。「お盆玉」という言葉を知っているか、を尋ねた結果は、「知っている」が37.2%にのぼり、16年の16.6%17年の28.9%を大きく上回り4割近くに達した。

お盆玉」を今年あげる予定の人は33.5%で前年から1.9ポイント増えた。予定額の均は5800円だった(子や孫がいる人が対で、「0円」との回答は除く)。内訳をみると、1万円以上を予定する人も約31いる。調は、55~74歳の男女2000人が対

商標登録されている

この「シニアリアル調」によれば、「お盆玉」の認知度は2016年(約16)から、わずか2年で約20ポイントも上がっている。いつ頃から浸透し始めたのだろうか。辞典『広辞苑』(岩波書店)の最新版(第7版、18年1月発売)には載っていない言葉だ。

一部大手紙過去記事を2000年から検索すると、日経新聞(13年8月6日刊)に、「お盆玉」と銘打ったポチ袋の売れ行きが前年12%増になった、との記事が見つかった。「お盆玉という新しいスタイルは広がるだろうか」との記載もある。

朝日新聞では「14年7月21日刊」記事で、やはりポチ袋の話題に絡め、「お盆玉」を紹介。「夏の風物詩として定着するか」と注している。また、同記事では「江戸時代東北で奉人に衣類やげたを渡した習慣」が由来だと説明している。

両記事に出てくる「お盆玉」のポチ袋は、製品製造販売のマルアイ(山梨県)が商標登録(類や文房具類など)し、2010年から販売。同社公式サイトでは「『お盆玉』の名称はマルアイで作った造で、商標登録をされています」と説明している。その後、食品などの異なる分野で、別会社数社が「お盆玉」を商標登録している。

「初めて知った」の声も

、18年8月に入ってからのツイッターをみると、

電車に揺られながらお盆休みに親戚の子供にあげる、お年玉ならぬお盆玉のためにポチ袋に千円札を詰める作業 親戚の子供(編注:「多過ぎ」の意)」

と準備に追われる報告や、

おばあちゃんがお盆玉くれた」

と、既にもらった子供の喜びのも寄せられている。他にも

「最近は、お盆玉というのが、あるそうですね じいちゃん・ばあちゃんも大変ですね」

と同情する意見や、

お盆玉というものが存在してるの初めて知った」

と驚く人も見受けられた。一方で、

「そんな潮いらねえよ」

と反発する人もいる。

夏休みのお楽しみは…