良かったのは「ゼロに抑えたことだけ」

 ソフトバンク千賀滉大投手は10日、本拠地での日本ハム戦に先発し、7回2/3を失点に抑えて8勝を挙げた。数字を見れば上々の出来だが、試合後は「次はしっかりピシッと投げたい」と反の弁が多かった。

 奪った三振は9個。2回から7回までは二塁を踏ませなかった。しかし、与えた6個の四死球はすべて2死から。最後も8回にレアードに四球を与えて2死満塁嘉弥真新也に後を託した。

調子自体も良くなかったけど、その中でどうにかするということだけ考えました。まずは試合を壊さなくて良かったです。3ボールからほぼ四球。いい守りもあって助かっただけだと思います」と、投球内容に反しきりだった。

 イニング間には「バランスを意識して」と、ベンチ前でワンバウンドのボールを投げて調整を続けた。「まっすぐフォークも良くなかったけど、前回よりは変化球カウントが取れた」という千賀は、「まだまだだなと思います。ゼロだったことだけは良かったですが、次はしっかりピシッと投げたいです」と、次の登板に向けて気持ちを切り替えていた。(一都 / Kazuto Fujiura

ソフトバンク・千賀滉大【写真:藤浦一都】