マンチェスター・ユナイテッドを率いて3シーズンとなるジョゼ・モウリーニョ監督が得意の開幕戦をで飾った。

ユナテッドは10日、本拠地オールド・トラフォードで行われたプレミアリーグ開幕節でレスター・シティと対戦。苦戦を強いられたが、フランス代表MFポール・ポグバイングランド代表DFルークショーゴールにより、2-1で競り勝った。

Opta(@OptaJoe)』によれば、モウリーニョ監督指揮官として開幕戦で18戦敗(11勝7分け敗)の成績を記録する“開幕戦のスペシャリスト”。プレミアリーグに限れば、過去10試合で9勝1分け敗の圧倒的な勝率を残しているという。

内容こそ褒められるものではなかったものの、らしさ溢れる手堅い采配でしっかりとレスターとの開幕戦をモノにしたモウリーニョ監督過去チェルシーレアル・マドリーで就任3年に解任されたジンクスもつきまとう中、上々の入りを見せた。

サムネイル画像