バルセロナは10日、2018-19シーズンキャプテンを発表。第1将にはアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが就任することが決まった。

 これまで第1将を務めていたスペイン代表MFアンドレス・イニエスタヴィッセル神戸に加入した影により、今後はこれまで第2将だったメッシキャプテンマークを巻くことになった。

 また、第3将だったスペイン代表MFセルヒオ・ブスケツと、第4将だったスペイン代表DFジェラール・ピケがそれぞれ第2、第3将に。席になった第4将には、スペインMFセルジ・ロベルトが就任した。

 なお、バルセロナは第1将から第4将まで全員が同クラブの下部組織出身選手となっている。

 バルセロナ8月18日リーガ・エスパニョーラ開幕戦を迎え、アラベスと対戦する予定。また、その前の8月12日にはセビージャとのスーペルコパ・デ・エスパーニャスペインスーパーカップ)に臨み、13回の同大会優勝をす。

イニエスタからメッシへ受け渡されるバルセロナのキャプテンマーク [写真]=Getty Images