マンチェスター・ユナイテッドを率いるジョゼ・モウリーニョ監督フランス代表MFポール・ポグバを絶賛した。

ロシアワールドカップによる特別休暇により、プレシーズンの合流が遅れたポグバ。だが、10日に行われたプレミアリーグ開幕戦のレスター・シティ戦で先発すると、PKから先制弾を決めるなど随所で存在感を放ち、チームスタートに貢献した。

イギリススカイスポーツ』によれば、モウリーニョ監督は試合後、84分までプレーしたポグバを“怪物”とり、活躍に手放しで称えたという。

ポグバは怪物。60分間が限界だと考えていたが、80分以上もプレーした」

「彼をスタートから起用することは難しい決断じゃない。アンデル・エレーラがケガをしたこともあり、スコット・マクトミネイとポグバの2択しかなかった」

スコット先発させれば、中盤の顔ぶれは2人の若手と1人の新戦(フレッジ)になる。だから、ポールに尋ねた。そして、彼はチームのために全を尽くしてくれた」

サムネイル画像