内最大のロックフェスティバルROCK IN JAPAN FESTIVAL 2018」が、2018年8月4日、5日、 11日(土・祝)、12日(日)の4日間、茨城ひたち公園にて開催されている。ロックバンドASIAN KUNG-FU GENERATIONは、8月5日GRASS STAGEのトリを務め、ユニークセットリストで観客を笑顔に。

【写真を見る】後藤正文、ユーミンと“ややかぶった”と話す衣装で登場!

■ いきなりOasisの「Columbia」のアレンジを披露!

ボーカルギター後藤正文が登場すると、後方まで観客がぎっしり埋め尽くすほどの満員なステージに満面な笑みを浮かべ、「Columbia (Oasis Cover)」でキックオフ。このしいスタートに、うれしそうなファンの姿も見受けられた。

そして「どうも、ASIAN KUNG-FU GENERATIONです」と自己紹介し、「センスレス」を披露した。曲中、後藤ギターボーカル喜多建介と向かい合いながら笑顔で曲を奏でる仲のいいパフォーマンスも挟みつつ、「スタンダード」へとつなげていく。

拍手が沸き起こる中、後藤は格好よく曲を締め、ギターを取り換えながら、「どうもありがとうASIAN KUNG-FU GENERATIONです」と再度あいさつし、「ちょっと衣装がかぶったね。ユーミンが」と冗談も交えつつ、「大丈夫かな、短パン」と装を気にする一幕も。

後藤フェスティバルは、自由なものだと思うよ」

その後、「ソラニン」「ブルートレイン」「君のまで」を続けざまに披露し、後藤は「いい感じに楽しんで。フェスティバルは、自由なものだと思うよ。たちはたちで楽しむ」と観客に満面の笑みを浮かべる。

観客から熱い拍手が鳴りく中、「サイレン」「グライダー」を演奏。そのまま「ノーネーム」「マーチングバンド」を立て続けに披露していく。

続く「生者のマーチ」の演奏を終えると、後藤は「どうもありがとう。どうもありがとう。たちアルバム作ってて、今日のこのライブが終わった後に、シングル情報がたぶん世の中に出てる」と9月26日()にニューシングルボーイズ&ガールズ」をリリースすることとなったことを発表。

さらに「暑いよね。みんな大丈夫? とか持ってるの? ()あると思うでしょ、ないよ」と笑いながら話し、「みんな本当に楽しんでくれて、とってもとってもうれしいです。ありがとう」と感謝の言葉を口にする。

また「今回、90分ということで、たっぷりやらせていただいて。またアイツら『ソラニン』とか『リライト』とかやりやがってとか言われたりする。

別に傷つきはしないよ。でもこうやっていろんな曲やれて楽しい。またどこかので楽しい時間を過ごしましょう。ありがとう」となかなかフェスではできない楽曲を、今回できた喜びをあらわにした。

■ 「お待ちかねソング、やっちゃおうかな」

そして「じゃあ、割とお待ちかねソング、やっちゃおうかな」とポツリつぶやき、「Re:Re:」を披露した。後藤は踊りだす観客をうれしそうに眺めながら「リライト」へと持ち込んだ。

後藤が拍手をするよう示し観客が一斉に期待に応える他、「芽生えてた感情~」のコールレスポンスも巻き起こった。観客が大盛り上がりする様子に、ベースボーカル山田洋らも楽しそうに楽器をかき鳴らす。

さらに「Easter / 復活祭」「荒野を歩け」「今を生きて」を披露すると、後藤ギターを片手で振り上げ、「どうもありがとう!」とその場を去った。

後藤「もう一回見せて、そのマジカルな感じ」

すかさずアンコールめる観客は、一人一人携帯ライトステージに向けて掲げ始めるという展開に。再びメンバーが登場すると、観客からは笑みがこぼれる。

後藤は「どうもありがとう! (スタッフに)なんかすごいいい色だよって(言われて)出てきたら、みんな消すなよ(笑)。もう一回見せて、そのマジカルな感じ」とお願いし、観客は再度ライトで暗闇を照らす幻想的なを生み出した。

すごいね、ありがとう。本当に本当にいいで」と後藤かせながら話すも「でも、手、疲れるでしょう、降ろしてもらっていいよ」とファンを気遣うなど、発言の節々に優しさも垣間見える。

続いて「最後一曲やって帰ります。明日からまた日常が始まるけれど、また来年。たちも何度も何度も悪あがきしていきますので」とコメントし、「君という」を披露。会場はダンスロアと化し、観客が手を振る中、ステージを後にした。(ザテレビジョン

ASIAN KUNG-FU GENERATION、フェスでは珍しい楽曲を次々披露!