北時間2018年8月5日アメリカラスベガスで開催された格闘ゲームイベントEvolution 2018」にて,「鉄拳7」部門の優勝者が韓国のLowHigh選手に決定した。EVOではもはや伝統と言って過言でない韓国同門対決を制し,EVO初優勝を成し遂げた同選手にインタビューを行い,優勝した今の気持ちや今後の展望をってもらった。



4Gamer
 優勝おめでとうございます。「鉄拳7」における過去最大級の大会であり,厳しい戦いの連続だったと思うのですが,今の気持ちはいかがでしょうか。

LowHigh選手:
 最近の大会で納得できるような成績を残せていなかったので,最高の結果を出すことができてとてもうれしいです。大会が始まるまでは不安な気持ちでいっぱいだったけど,余計なことを考えてもしょうがないと思って,頭をっぽにして大会に臨んだのが良かったのかもしれません(笑)

4Gamer
 最終日のTOP8に残った選手を見てどう感じましたか。また,戦い抜いた感想はいかがでしょうか。

LowHigh選手:
 始まる前は決勝トーナメントの初戦で当たるqudans選手のことだけを考えていました。その次に戦ったLil Majin選手は,自分はキングに負けたことがないので自信を持って対戦に臨めました。Grand Finalでは,初戦で対戦したqudans選手と再戦したわけですが,この試合は本当に厳しい戦いになりました。
 ただ,今回の大会は,自分が苦手とするKnee選手が欠場していたり,JDCR選手が自分と当たる前に負けていたりと,自分にとって優勝しやすい条件がそろっていたような気がします。

4Gamer
 Grand Finalでは一度倒したqudans選手にリセットまで持ち込まれました。

LowHigh選手:
 あの時はもうダメかもしれないと思いました。ただ,後がない状態になったときに一度冷静になって小技中心の立ち回りに切り替えてみたところ,qudans選手が焦っているのを感じ取れました。その後も小技中心に試合を組み立てていった結果,ギリギリの試合になりましたが,なんとか勝利することができました。

4Gamer
 鉄拳と言えば,日韓の選手が強いと昔から言われていますが,今回の大会結果を見ると他地域の選手も確実にレベルアップをしているように感じました。実際にトーナメントを戦い抜いたLowHigh選手はどのように感じましたか。

LowHigh選手:
 アメリカのLil Majin選手戦はかなり自信を持って対戦に臨めたのですが,いざ実際に対戦してみたらめちゃくちゃ強くて驚きましたね。普段あまり使われないような技や連係をたくさん使う選手だったので,それまでの試合を見ていなかったら負けてしまっていたかもしれません。
 ほかにも,鉄拳ワールドツアーで何度も顔を合わせているBook選手やDoujin選手はあらためて言う必要もないほどに強いですし,アメリカヨーロッパにもいい選手がどんどん増えてきていますよね。自分も負けないようにもっと努して,実を高めていきたいと思っています。


4Gamer
 LowHigh選手のこれからの照準は鉄拳ワールドツアーでの戦いに向けられると思うのですが,意気込みをお願いします。

LowHigh選手:
 今回EVOで優勝したことによって,これまで以上に自分への注が集まると思います。これからは,その皆さんからの期待を裏切らないようにがんばりたいと思うので,応援よろしくお願いします。

4Gamer
 鉄拳ワールドツアーでの活躍に期待しています。本日はありがとうございました


リンク「鉄拳7」公式サイト
リンク4Gamer内「EVO2018」関連記事まとめ


―――――――――――――――――――――――――――――
記事URLhttps://www.4gamer.net/games/322/G032250/20180810204/
→この記事を4Gamerで読む(※画像などがすべてある完全版です)
―――――――――――――――――――――――――――――
関連タイトル
PS4 鉄拳7
PC 鉄拳7
Xbox One 鉄拳7

―――――――――――――――――――――――――――――
(C)CAPCOM U.S.A., INC. ALL RIGHTS RESERVED.
TEKKEN™7 & (C)2017 BANDAI NAMCO Entertainment Inc.
―――――――――――――――――――――――――――――
Copyright (C) 2000-2018 Aetas, Inc. All rights reserved.

[EVO2018]皆さんからの期待を裏切らないようにがんばりたい――「鉄拳7」部門優勝,LowHigh選手インタビュー