先日現役復帰を発表したフィギュアケータ高橋大輔選手とスカイコート(株)サポート契約を締結したことを発表。
「それぞれの立場、標で全日本選手権を戦う選手たちの姿を見て感動し、この緊感の中で戦いたい、滑りたい」という高橋大輔選手の決意に共感し、競技会へ臨むためにスカイコート(株)サポートするという。

スカイコートは、創立50周年記念プロジェクト「D-color」マンションのトータルコーディネーターに高橋選手を任命。「仕事への情熱、スケートへの想い、挑戦することの意義など、数多くの大切なことに触れる機会を得ました。現状に満足せず、自身の様々な分野での表現を磨き続ける高橋選手の新たな挑戦が、半世紀を迎え、これから100企業スカイコートの挑戦に大きな影を与えた。」と今回のサポート契約締結へのきっかけを発表した。


高橋大輔選手コメント
スカイコート様には創立50周年記念プロジェクト「D-color」のトータルコーディネーターのお仕事を頂き、設計、デザインなど様々な業務を行わせて頂いています。本プロジェクト進める一方で、私の現役復帰にお添えを頂き、大変心強く思っています。スカイコートグループ企業理念でもある「みんなの笑顔をつくる」と同様に、私もスケートを通じて一つでも多く皆様の笑顔を作れるよう、試合に向け、日々のトレーニングに励んでいきたいと思います。今後とも応援の程、宜しくお願い致します。

スカイコート株式会社とは
スカイコート株式会社は、1969年昭和44年)に西田男が創業した、「マンション経営」を的とした不動産の分譲・販売事業を行う、業界のリーディンカンパニー
来年2019年には創業50周年を迎える。2018年7月現在の分譲実績は932棟、33,823戸を数え、これまで2万人をえるオーナーの皆様から信頼を得る。
また、グループ会社では、賃貸・マンスリー事業やマンション管理事業なども手掛けて、トータルでマンション経営をサポート
2017年11月より、スカイコート創立50周年プロジェクト『D−Color』に、フィギュアケータ高橋大輔氏をトータルコーディネーターとして招き、新感覚のマンションを建築中。

大輔選手 プロフィール
 1986年3月16日 岡山県倉敷市生まれ
 8歳からスケートを始める。
 2002年 世界ジュニアフィギュアスケート選手権 優勝(日本人男子初)
 2005年2007年 全日本選手権3連覇
 2006年 トリノオリンピック 8位入賞
 2010年 バンクーバーオリンピック 日本人初の銅メダルを獲得
 2012年 グランリファイナル 日本人初の金メダルを獲得
 2014年 ソチオリンピック 6位入賞(フィギュアスケート選手として五輪3大会連続入賞は日本人選手初)
 2014年 引退表明
 2016年2017年 ダンスイベントラブオン・ザ・フロア」にダンサーとして初出演
 2018年 現役復帰表明

配信元企業株式会社キョードーメディア

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ