mystaダンスカテゴリー1位継続中の注人気ダンスユニットSAYbe.(セイビー)初のニューシングルカットバセ!」MV開!フルバージョン開いたします!爽やかで熱い応援ダンスをお楽しみください!
株式会社ジールワールドワイド所属で、現在スマホアプリmysta』のダンスカテゴリーにて1位継続中の注人気ダンスボーイユニットSAYbe.(セイビー)が、初のシングルカットバセ!」を2018年9月5日リリースいたします。それに先立ち「カットバセ!」のMVが本日初開!フルバージョンで全てお見せします!
 「カットバセ!」は、数々の大ヒット曲を生み出した異才であるモリミノル氏の作曲作詞は数々の大物アーティストプロデュース作詞を手がけている須チヒロ氏というスタッフを迎え、キャッチーポップメジャー感のある楽曲となりました。SAYbe.の若さ爽やかさを感じさせるメロディーと、流行りの言葉と体育会系の熱い歌詞融合し、老若男女問わず“応援歌”として届けられたらと思います。この楽曲はテレ玉の「第100回全高等学校野球選手権記念南埼玉大会×北埼玉大会」の高校野球中継と「高校野球ダイジェスト2018」のオープニングテーマにも採用されました。
 MV撮影は千葉県の富演で撮影。爽やかかつスポーティーに高校野球を彷彿とさせる若々しいイメージで撮影しました。「応援歌として皆さんに届けたく♪oh!oh!oh!oh~!の部分を「応援ダンス」にしてみました!是非覚えて皆さん一緒に嫌な事も全てカットバしましょう!!」(soichiro)。「MVを撮るのは初めてで、自分がこんなに爽やかに映るとは思いませんでした!(笑)新たなたちを届けられたらと思います!」(yuutaa)。二人の繊細で息のあったパフォーマンスをご覧ください。SAYbe.にとって新たな挑戦です。是非期待ください。
SAYbe.(セイビー)プロフィール
2017年11月に結成したダンスユニットSAYbe.。ダンサーでありながら様々なことに挑戦し、ファンを魅了してきました。次世代アーティストを応援するアプリmysta」のダンスカテゴリーでは1位を連続で獲得し続け、人気上昇中!話題となり現在テレビ東京キミスタ』(毎週水曜2535~)のコーナー「ユメスタ」に出演中。
 からもされるキャラクターである二人の素晴らしい容姿とキレのあるダンスパフォーマンスは一度見たら必ず虜になるほど

左からyuutaa・soichiro
左からsoichiro・yuutaa
メンバー
yuutaa
yuutaa読み方:ゆうた
エンターテイメントショーイベントTV 番組など多数出演。現在都内を中心にダンサーとして活動中。
ダンスだけでなく、ファッションコーヒーイラストインテリアなど多趣味。              
soichiro
・soichiro読み方:そういちろう)
ストリートダンサーとして、バトルコンテストに出場しながら、バックダンサー
振付師としても活躍。また、イベントオーガナイズなどもこなすマルチダンサー現在エンターテインメントショーダンサーとしても活動中。

■活動予定
8/11「メンズパニック幕張メッセ
8/18「Legend TOKYO chapter8」東京国際フォーラム
8/19「細川たかしディナーショーオープニングアクト&輪!諸居にっぽんダンサー出演
8/21テレ玉マチコミ」出演  1730リリースイベント大宮駅前にて開催
8/26 『GO ON!!~episode2~』開催ジールスタジオ東京
9/5 千葉テレビ「シャキット!」出演 夕方幕張イオンモールにてリリースイベント
9/20 池袋サンシャイン リリースイベント
11/11 SAYbe.1周年記念イベント開催予定

テレビ東京キミスタ」出演中
・次世代アーティストを応援するアプリmysta」のダンスカテゴリーでは1位継続中。ダンスイベント開催応援プロジェクト参加中
 
SAYbe. New Singleカットバセ!』2018.9.5 release CD全形態共通
カットバセ!」 /「Hey!Hey!(仮)」/「カットバセ!」 (Instrumental) /「Hey!Hey!(仮)」(Instrumental
DVDTYPE A』1. 「カットバセ」MV /2. MV &ジャケ写撮影メイキング
DVDTYPE B』1. 「Hey!Hey!(仮)MV/2. MV &ジャケ写撮影 メイキング
タワーレコード、その他レコード店にて予約受付中!
オフシャルホームページ
twitter   https://twitter.com/SAYbe2017
insta  https://www.instagram.com/saybe2017/
youtube  http://urx3.nu/L82X












配信元企業株式会社ミドルウッド

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ