アーセナルのウナイ・エメリ監督は11日、32歳のフランス代表DFローラン・コシェルニーを第1将に任命。4人の副将には元ドイツ代表MFメスト・エジルらを挙げた。

 元ドイツ代表DFペア・メルテザッカーアーセナルアカデミー職に就任するために昨季終了後現役を引退したことによって、アーセナルは新将を選出しなければならない。そこでエメリ監督は昨シーズン4月に足首に重大なケガを負い、まだ回復していないものの、新シーズンに向けリハビリ中のコシェルニーを新将に抜した。

 また、エメリ監督エジル、元チェコ代表GKペトル・チェフ、ウェールズ代表MFアーロンラムジー、スイス代表MFグラニト・ジャカを副キャプテンに任命している。

 フランス代表として51キャップを誇るコシェルニーは2018 FIFA ワールドカップ ロシア大会での代表引退を大会前に表明。しかし、4月の負傷の影で悔しくも同大会を欠場していた。なお、復帰は、くても12月以降となる予定。

リハビリ施設を訪れキャプテン任命の旨を告げにきたエメリ監督(右)とコシェルニー(左) [写真]=Getty Images