限のカスタマイズパーツを装着したホンダ・ヴェゼルデモカーに試乗することができました。エアロパーツマイナーチェンジ後の最新モデルに対応した新造形ものが追加されています。

詳細画像はこちら

フロントアンダースポイラーは下半分の造形を大きく変えるハーフタイプ

詳細画像はこちら

サイドスポイラーリアアンダースポイラーも立体的な造形が魅です。

詳細画像はこちら 詳細画像はこちら

ロアウイングは、標準装備のテールゲートスポイラーの下部に追加装着するもの。

詳細画像はこちら

一見するとシンプルな造形ですが、中央のハイマウントストップランプ部分には追加パーツがないというトリッキーな構成にするあたりがさすがの限です。

サスペンションもオリジナルスポーツセッティング済みのものが用意されています。

詳細画像はこちら

スポーツサイレンサーはフィニッシャーが75mmΦチタン製であることが視覚上の特徴になっています。吸入抵抗をノーマル10%以上低減したハイパフォーマンスエアフィルターと組み合わせることで吸排気がスムーズになりました。

詳細画像はこちら

クローズコース群馬サイクルスポーツセンターで試乗することができました。

詳細画像はこちら

車両ハイブリッドRSです。限のマフラーにより、思わずニヤリとしてしまうような低音の効いた排気音がきます。

サスペンションはスポーティーですが、同時にしっとりとした高級なフィーリング立ちます。このシャシーに組み合わされるスポーツブレーキパッドタイプツーリング」が絶品でした。

詳細画像はこちら

ステンメッシホースに換えるなどのプラスアルファカスタマイズはされていませんが(ブレーキフルードをハイパフォーマンスタイプには交換済み)、このパッドの摩擦材選定がヴェゼルドンピシャといった感じです。

初期の制動パンと立ち上がります。しかしそこで終わりではなく、さらに踏み込むとグググッと強いストッピングパワーを発揮してくれます。このときスポーツサスペンションがピッチングを程よく抑えてくれていますので、SUVにありがちな大きな挙動変化を見せることなく、安定して減速してくれます。

詳細画像はこちら

この確かなストッピングパワーがあるからこそ、コーナーにもコーナンを気分よく走行することができるのでした。

写真動画・文/ウナ丼)

【無限ヴェゼル】スポーツマフラー・サス・ブレーキパッドのファインチューンでSUVでもスポーツできます(http://clicccar.com/2018/08/11/615431/)