日本って、どんなに優秀な個人でも、協調性や社交性が重視されるばかりに、業績通りの評価をされにくい傾向がある。そのせいで、に働いて数字も取っている人が少しでもを見せると「アイツ調子に乗っている」とか「会社にとっては厄介みたいな扱いをされることもある。

一方、いのにお調子者だというだけで、その人が「周囲との協調性があり、チームには不可欠」みたいな判定を受けて得することも多い。これではキチンと働いて結果を出している側はなんとも辛いだろう。(文:松本ミゾレ)

昇進に加え社長親族とのお見合いまで決まっていた


会社の飲み会の出欠、そんなに大事?

先日、5ちゃんねる「会社の飲み会ずっと断ってたけど俺より業績下の飲み会好きな同期が出世しまくっててワロタww」というスレッドが登場した。スレによると、自分より業績が悪い同期に、社長の親族とのお見合い話が来たという。「なんでより年下のが上になるんだ」とも書いていることから、その同期は昇進もしたようだ。スレはこれらを、同期飲み会に参加し続け、上層部に気に入られたからだと解釈している。

まあが高ければそういうことはありえるけど、業績が自分より低いということなので、この話が本当なら、確かに納得できないところではある。なら「おいおいおいちょっと待ってくれや」つって社長に親族を紹介するようにを言うけど、きっとこのスレ、そういうタイプじゃない。

しかし常々思うんだけど、せっかく業績が良いのにまともに定されないって、これはもう必ずしも本人のせいじゃないと思う。飲み会に出ないぐらいでっ当な評価をしない職場は、はっきり言って30年後に自分の会社を残すという意志を放棄しているように見受けられる。

その時々で調子の良いおべっか社員を厚遇したせいで傾いた会社が世間にどれだけあるか、見えてないのだ。

社交性って社外で発揮して仕事に役立ててこそ価値があるんじゃないの?

今回のスレッドの内容が本当にスレの言い分そっくりそのまま事実だとしたら、こりゃあもうなんかはスレの味方をせざるを得ない。実績があるのにまともに評価されないって、本人は「ワロタ」とか書いているけど、相当な屈辱だと思う。

でもスレッドに寄せられた意見は様々だ。

「業績だけがすべてではない。社交性も重要」
「会社てマジ飲み会がすべてだぞ。特に伝統ある会社とか銀行とかは」
「出世の理由は飲み会だけなのか?自身の業績は悪くても周囲の人間の業績がよくなるよう情報や資料を提供してたのかも知れないし、非効率的な作業手順を合理化したのかも知れない」
「昇進の上推薦とか仕事を与えるか干すかなんてのは結局上の感情なんだよね。そして上の感情をして干されると業績も出せなくなってくる」
90点とれる嫌いなやつと70点だけど一緒にやってて楽しいやつ。どっちと一緒に仕事したいかって話だよな。バイトでもしてればわかると思うが」

と、こんな感じで、ほとんどのスレに対して手厳しい。

でも、これらの意見全てが的を射ているとは、正直は思わない。業績よりも社交性が重要という意見なんかには、「その社交性の向け方が日本企業のおかしさの所以じゃん」と思ってしまう。

社交性は大事だ。しかし社交性って、対外的な部分で発揮してこそではないだろうか。顧客なり、取引先なり、社交性を存分に発揮して、それで業績を高める。これが本来仕事で用いる「社交性」の意味するところだろう。

ところが日本の多くの企業は、自分の上に媚びへつらうことを社交性と呼んでいる節がある。直属の上には擦り寄りつつ、取引先への社交性は人並み以下で仕事のできない、そこら中にいるじゃん。

内にを向けてばかりの身内運営と、外にを向ける本来の意味での社交性の発揮を、一緒くたにすべきではない。業績が一番評価されるべきなのだ。