昨季は9月フランク・デ・ブール監督が解任 今年最初の“被害者”を予想

 10日のマンチェスター・ユナイテッドレスター・シティの一戦を皮切りに、2018-19シーズンプレミアリーグの幕が開いた。英サッカー専門誌「フォーフォー・トゥー」は、今季のプレミアリーグ揮を執る全監督を、解任される可性の高い順にランキング化。マンチェスター・シティジョゼップ・グアルディオラ監督らが下位となったなかで、1位には日本代表FW武藤嘉紀が移籍したニューカッスルラファエル・ベニテス監督が選ばれた。

 昨季を思い返せば、クリスタル・パレスフランク・デ・ブール監督9月中旬に、リーグ史上最短となるわずか4試合で解任。近年のプレミアリーグを見ても9月から10月にかけて一人、二人の監督が解任される傾向にあり、今季もが最初の“被害者”となるのかは注ポイントだろう。

 ランキングの下位には、昨季に結果を残した指揮官や今季新たに就任した指揮官が並ぶ。12年からチーム揮し、2年連続でバーンリーをプレミア残留に導いたショーンダイ監督20位。また昨季の優勝監督であるシティグアルディオラ監督が19位、今季から新たにアーセナル揮を執るウナイ・エメリ監督17位に入った。

 解任の可性が高いと予想された上位で気になるのは、マヌエル・ペジェグリー監督ジョゼ・モウリーニョ監督の二人。前者は大補強を敢行したウェストハムの新指揮官に就任し、結果がめられるシーズンとなる。一方、後者は補強に失敗したなかで、どのように現有戦をやりくりし、優勝争いに絡んでいけるかがカギとなりそうだ。


ベニテス監督にはオーナーからのプレッシャーが…

 そして不名誉な1位には、ニューカッスルのベニテス監督が選ばれた。今武藤を筆頭に多くの選手を補強したなかで、オーナーからのプレッシャーは大きく、結果が出ない場合は期にクビを切られる可性もある。ベニテス監督の去就次第で武藤の立ち位置も変わってくるため、彼とチームの動向に注していきたいところだ。

 今季のプレミアリーグでは、指揮官たちのどんなドラマが待っているのだろうか。

フォーフォー・トゥー」誌選定の「解任される可性の高い指揮官ランキング」は以下のとおり。

1位 ラファエル・ベニテスニューカッスル
2位 ハビ・ガルシアワトフォード
3位 クロード・ピュエルレスター
4位 ジョゼ・モウリーニョマンチェスター・U
5位 マーク・ヒューズ(サウサンプトン
6位 マヌエル・ペジェグリーニ(ウェストハム
7位 マルコシウバエバートン
8位 スラビサ・ヨカノビッチフルハム
9位 ニール・ワーノックカーディフ)
10位 ロイ・ホジソン(クリスタル・パレス
11位 マウリシオ・ポチェッティーノ(トットナム
12位 クリス・ヒュートンブライトン
13位 ヌノ(ウォルバーハントン
14位 デイビッド・ワグナー(ハダースフィールド
15位 マウリツィオ・サッリ(チェルシー
16位 エディ・ハウ(ボーンマス
17位 ウナイ・エメリ(アーセナル
18位 ユルゲン・クロップリバプール
19位 ジョゼップ・グアルディオラマンチェスター・C
20位 ショーンダイチ(バーンリー)


Football ZONE web編集部)

(左から)モウリーニョ監督、グアルディオラ監督、クロップ監督、エメリ監督、サッリ監督、ポチェッティーノ監督【写真:Getty Images】