ジェノアは10日、ユヴェントスU-21イタリア代表FWアンドレア・ファヴィッリを買い取りオプション付きのレンタルで獲得したことを発表した。ユヴェントスによると、レンタル料は500ユーロ(約6億3000万円)で、オプションを行使した際の移籍700万ユーロ(約8億8000万円)に設定されているようだ。

 現在21歳のファヴィッリは、リヴォルノ の下部組織出身で、2015年ユヴェントスのプリマヴェーラへローン移籍した。また、翌年セリエA第24節フロジノーネ戦でユヴェントストップチームデビューを果たした。2016―17シーズンはリヴォルノからアスコリへローン移籍し、シーズン終わりに300ユーロ全移籍した。 18年には、ユース時代に期限付きで所属したユヴェントスへ移籍750万ユーロで移籍。2023年まで5年間の契約を結んでいた。

 今、プレシーズンマッチインターナショナルチャンピオンズ・カップでは、バイエルンに対し2得点を決める活躍を見せた若き逸材は、U-18、U-21イタリア代表にも招集されている。

バイエルン相手に2得点を記録したファヴィッリ [写真]= Getty Images