サンダウンズの南アフリカ代表MFウェインがドリブル突破、動画開で欧州でも反

 南アフリカ1部プレミアリーグの第2節が8日に行われ、マメロディ・サンダウンズが敵地でポロクワネに2-0と勝利した。この一戦で南アフリカ代表MFが切れ味鋭いドリブルを披露した際、抜かれた相手がピッチに顔面から突っ込むシーンが脚を浴び、現地メディアから「相手選手に芝生を食べさせる」と報じられるなど反を呼んでいる。

 試合はアウェーのサンダウンズが前後半に1点ずつ決めて2-0とリード。そうしたなかで迎えた後半アディショナルタイムサンダウンズの南アフリカ代表MFテンバ・ズウェインが左サイドボールを保持し、相手と1対1の場面でドリブル突破を試みた。ポロクワネのDFシブシコ・ムボナニが猛ダッシュで寄せ、強いタックルお見舞いするも、ズウェインが軽やかなボールタッチで一先に触り、股下にボールを通して突破。抜かれたムボナニは勢い余って体勢を崩し、そのままピッチに顔面から突っ込むというシーンが生まれた。

 南アフリカ衛星放送局「スーパースポーツTV」の公式ツイッターは、そのシーン動画付きで紹介。「テンバ・ズウェインが、相手の首が折れてしまいそうなスキルを見事にやってのける」と絶賛している。一方、南アフリカメディアTimesLIVE」も「アウチ! ズウェインがポロクワネの選手に芝生を食べさせる」と伝え、麗なドリブルの被害に遭ったムボナニに同情を寄せた。

 その反ヨーロッパにも広がり、スペインAS」は「被害者はポロクワネのシブシコ・ムボナニ。屈辱的な股抜きを受けて地面に顔をぶつけるシーン世界に出回っている」と記している。

 ムボナニにとっては本拠地で敗戦したうえ、「芝生を食べさせる」と評されるほどの屈辱的なドリブルの被害に遭うなど、泣きっ面に蜂の状態となってしまったようだ。


Football ZONE web編集部)

サンダウンズ対ポロクワネの一戦で、あるシーンが脚光を浴びている(写真はイメージです)【写真:Getty Images】