マンチェスター・ユナイテッドに所属するイングランド代表DFルークショーが復活を高らかに宣言した。

長らくジョゼ・モウリーニョ監督から不良のコンディションや、プレー内容を咎められてきたショー。そのため、今の移籍も囁かれてきた。だが、10日に行われたプレミアリーグ開幕節のレスター・シティ戦に左サイドバックフル出場。83分にプレミアリーグ初得点を挙げ、チームスタートに貢献した。

勝負のシーズンを迎えたショーレスター戦後、イギリススカイスポーツ』で次のようにコメント。「世界最高の左サイドバック」をして、さらなるアピールを誓い、モウリーニョ監督についてもった。

「役立てたのは久々だね。思っていることをやり遂げるために、プレシーズンを通して多くの時間を費やして、すごく頑った。世界最高の左サイドバックになりたい」

イングランド代表に返り咲き、W杯のような大きな大会に出たい。W杯テレビで観た。落ち込んみもしたけど、彼らの勝利を素直に喜んだ。彼らのベスト4進出が精的な部分でを突き動かしてくれている」

W杯ユーロに出るためにも、ここでチャンピオンズリーグプレミアリーグで戦いたい」

「彼は、稼働率があって、意欲的かつ積極的な選手を好む。は攻撃的な選手。それは昔から変わっていない」

「彼はが攻撃に優れた選手だとわかっている。それをしないの姿に少し失望することもある。だから、は期待値以上のプレーめて、彼から学んでいる。ビデオもたくさんチェックしているよ」

サムネイル画像