近年は怪に悩まされ、ロシアW杯も出場を逃していたが開幕戦で決勝ゴール

 マンチェスター・ユナイテッドジョゼ・モウリーニョ監督が、現地時間10日のプレミアリーグ開幕戦・レスター戦で決勝ゴールを決めたイングランド代表DFルークショーを「璧なパフォーマンス」と絶賛した。

 2014年18歳イングランド代表にデビューし、ブラジルワールドカップW杯メンバーにも選ばれるなど若くしてブレイクしたショー。同年のに当時の10代史上最高額となる移籍3000万ポンド(約42億5000万円)でユナテッドに加入したが、その後は怪に悩まされるなど受難のシーズンが続いていた。

 今ロシアW杯出場も逃し、モウリーニョ監督からはの場でパフォーマンスにダメ出しされていたほか、メディアからは太り過ぎも摘されていた。

 しかし、レスターとの開幕戦ではそうしたネガティブを一掃する活躍となった。左サイドバックとして先発フル出場を果たし、後半38分にはペナルティエリア内まで攻め上がって左足で決勝ゴールマークした。

 英公共放送BBC」のインタビューで、モウリーニョ監督ゴールはあくまでおまけとしたが、「非常に璧なパフォーマンスだった」とショーを絶賛した。ショー自身も英衛星放送「スカイスポーツ」で「プレシーズンからハードワークをしてきた」と今季に懸ける強い思いをっている。

「たくさんオフの時間があった。たくさん考える時間もあったし、やるべきこともあった。本当に一生懸命取り組んできた。世界最高のレフトバック(LB)になりたい」

 苦しい時期を過ごしたショーだが、まだ23歳。大きな伸びしろを残すだけに、モウリーニョ監督の下で再ブレイクを遂げることができるだろうか。今季の活躍に注だ。


Football ZONE web編集部)

モウリーニョ監督(右)がレスター戦で決勝ゴールを挙げたDFショー(左)を絶賛【写真:Getty Images】