日本代表MF乾貴士が所属するレアル・ベティスは、やはりインテルポルトガル代表MF興味を持っているようだ。イタリアスポーツイタリア』が報じた。

予てからベティスは、インテルMFジョアン・マリオ(25)の獲得に興味を示していた。ジョアン・マリオは、2016年にスポルティング・リスボンからインテル全移籍。しかし、セリエA染むことができず、本来のパフォーマンスを披露できず。今年1月にはウェストハムへとレンタル移籍していた。

ジョアン・マリオは、今シーズンにもウェストハムプレーする可性があったものの、プレミアリーグの移籍ウインドーが閉幕。ウェストハムプレーすることはわなくなった。

そんな中、予てからジョアン・マリオ興味を示していたベティスが、レンタル移籍での加入に加え、シーズン終了後に買い取るオプションを付けて獲得をすと報道。このオファーにはインテルも乗り気のようだ。

ティスは、ヘタフェの日本代表MF柴崎岳にも興味を示していると報じられていたが、柴崎の移籍話は進展がなく、ジョアン・マリオの獲得でさらに移籍の可性は低くなったかもしれない。

サムネイル画像