リノは、バレンシアのFWシモーネ・ザザ(27)の獲得資捻出のため、セルビア代表FWアデム・リャイッチ(26)の売却に動くようだ。イタリア『トゥットスポルト』が報じた。

ザザは、ユベントスからウェストハムバレンシアへとレンタル移籍を経て、2017-18シーズンバレンシア全移籍。すると、リーガエスパニョーラで33試合に出場し13ゴールを記録。復活を果たしていた。

リノは、スペインで活躍するイタリア人FWの獲得資を調達するため、リャイッチの売却を検討。ベシクタシュ、スパルタク・モスクワ、マルセイユのいずれかに1500万ユーロ(約19億円)で売却しようと考えているようだ。

シーズンのリャイッチは、セリエAで27試合に出場し6ゴールを記録。しかし、ワルテルマッツァーリ監督サッカー染めずにいた。

バレンシアは、チェルシーからベルギー代表FWミッチー・バチュアイレンタル移籍で獲得。これにより、ザザの放出も問題なくなっている。スペインで復活したイタリア代表FWの去就はどうなるだろうか。

サムネイル画像