8月10日放送の「金曜日スマイルたちへ」(TBS系)で、キンタロー。ロペスペアが社交ダンス全日本シニアI選手権に出場。ライバルの名越ペアをおさえ、初の優勝を決めた。

【写真を見る】トレーニングで別人のように引き締まったキンタロー。の体

10月に行われる世界選手権までに世界ランクトップ10入りの標を掲げるキンタロー。ペア。この時点での世界ランクは14位だが、同じ日本人選手の名越ペアは世界ランク8位。

過去7回の成績を振り返って中居は、「あのときたまたま勝ったんじゃないかっていうですもんね」とコメント安住紳一郎も「世の中的にみると名越ペアの方が実的には一枚上手だぞというわけですが…」と解説した。

今回の大会は2019WDSFシニアIラテン世界選手権の代表選考会を兼ねており、ここで勝てば3年連続で世界大会への切符を手にすることができる。一次予選の結果は両ペアともに同点、続いて準決勝でも全種を満点通過。互のまま決勝戦を迎えた。

キンタロー。ロペスは、しい動きのジャイブで体を消耗していたため、今回はスタミナ切れを防ぐために、キンタロー。が考案した“ノンストップダンス”という練習に挑戦。15分間一気に踊り続けるというハードトレーニングを積んでいた。また、キンタロー。クロスフィットトレーナーAYAの元で改造に励み、ロペス公園筋トレをするなど強体づくりも行っていた。

決勝では、1種のサンバで1位を獲得したキンタロー。ペア。続くチャチャチャも1位と順調に勝ち進んだ。しかし、ルンバとパソドブレで名越ペアが1位を獲得したことで、同点に。最終種のジャイブを踊り、結果発表へ。

「怖い、怖い、お願いします」とキンタロー。、手を組んで祈るロペス。結果は、キンタロー。ペアが見事、1位を獲得。初となる日本一の座を手にした。キンタロー。は「なかなかこれ(メダル)が取れなかったから嬉しい!」と喜びを露わにし、また「努は報われるの一言ですね。やっぱりやったら返ってくるなと思いました」とコメントした。

中居も「日本制覇ですか!キンタロー。も一つギアがあがったなって思いました」と喜んでいた。

Twitterでは「社交ダンスがこんなにハードだとは知らなかった」「おめでとう!」などのが寄せられ、またキンタロー。も「キンタロー。ロペスペア優勝する事ができましたこれも皆様の応援のお陰です」と投稿した。

中居正広金曜スマイルたちへ」は毎週金曜8時57分から放送。(ザテレビジョン

社交ダンス全日本シニアI選手権で初優勝したキンタロー。