モナコからケイタを買い取り義務付きレンタル移籍で獲得

 イタリアの名門インテルは、レアル・マドリードクロアチア代表MFルカ・モドリッチの獲得に失敗することが極めて濃厚になったなか、すぐに中盤の“代役補強”を了させた模様だ。イタリアサッカー専門メディアカルチョメルカート・コム」が報じている。

 インテルはモドリッチ獲得に乗り出していたものの、レアルチーム内で最大級のサラリーを確保したことで残留が濃厚になったとスペインは一斉に報じた。それはインテルの獲得失敗を意味するもので、アトレチコ・マドリードとの親善試合のためにマドリード入りしていた幹部はレアルと直接交渉を行うこともできず、「々はここに試合をしに来た」となく話したという。

 一方で、中盤の補強は別の一手を了させたという。今年のロシアワールドカップW杯)のセネガル代表メンバーにも選出されたMFケイタ・バルデ・ディアオを、リーグ・アンモナコから初年度は500ユーロ(約6億5000万円)でのレンタル、1年後に3000万ユーロ(約39億円)の買い取り義務付きの契約で獲得することに合意したという。W杯でケイタは、第2戦の日本戦までは出場機会がなかったが、第3戦のコロンビア戦はスタメン出場していた。

 ケイタは2013年から17年までセリエAラツィオプレーし、1年前にACミランが獲得に乗り出すという報道もあったがモナコに渡っていた。しかし、インテルとの合意で再びイタリアプレーすることになるという。

 もちろん、モドリッチと較した時には補強のレベルは同等とは言えないものの、インテルは中盤の補強ゼロで来週の開幕を迎える事態は回避したようだ。


Football ZONE web編集部)

インテルがモナコのセネガル代表MFケイタを買い取り義務付きレンタル移籍で獲得【写真:Getty Images】