【あわせて読みたい】

剛力彩芽 
(C)まいじつ

今年4月の交際宣言以降、女優剛力彩芽と『ZOZOTOWN』を運営する実業前澤友作氏の動向が注を集めてきた。

【関連】小島瑠璃子「もう終わりにしろよ」前澤社長叩きは剛力彩芽つぶしか ほか

7月にはサッカーW杯デートをニオわせるインスタグラム投稿炎上し、芸界からも“苦言”が出る始末。いったんはインスタを全削除したが、新生・剛を宣言したインスタでも相変わらず前澤氏との順調交際ぶりを投稿して再炎上した。

「最近の剛演作が振るわず、女優として行き詰まっていた。バッシングも、考えようによっては注度がアップしてプラスかもしれません」(芸ライター

とはいえ、8月に入ってからはZOZOの宣伝的な投稿が増加。1日には〈ZOZOでは取り扱ってません〉のハッシュタグを添え、PRADAのナイロンバッグの写真投稿。4日には〈ZOZOのストレートデニム。これは凄い、感動した〉とアップしている。

「“ZOZO色”が強過ぎて、タレントとしては、他のスポンサーが付きづらい。今後の仕事に支障が出る可性もあります」(同・ライター

 

剛力彩芽「#ZOZOでは取り扱ってません」にスポンサーもさすがに逃げだす

インスタの使い方が対照的な石原さとみ

一方、同じIT社長と熱中でも、インスタの使い方が対照的なのが石原さとみだ。石原5月に『SHOWROOM』の前田裕二社長との熱が発覚した。

7月イベントでは熱の質問を笑顔で流し、インスタアップする写真は番宣を兼ねた仕事中のオフショットがほとんど。彼氏の存在は全くニオわせない」(同・ライター

この違いは何なのか。

女優はいろんな役を演じ、複数の企業CMに出ることもあるので、イメージの固定化を避ける。そのためプライベートもなるべく表に出さない。石原もそういうやり方ですが、剛はまるでブログで稼ぐタレントのような印です」(同・ライター

女優の自覚が足りないのか、それとも新しいタイプと捉えるべきなのか…。