ユベントスは11日、ミランから加入したイタリア代表DFレオナルド・ボヌッチ(31)の背番号が「19」に決定したことを発表した。

に、ユベントスからミランに移籍したボヌッチ。リーグ戦では35試合に出場しヨーロッパリーグ出場権の獲得に大きく貢献したが、本人が移籍を希望したことから、イタリア代表DFマッティア・カルダーラ(24)とトレードという形で古巣に1年で復帰していた。

そして、気になる背番号着のある「19」に決定。元々、今ジェノアからユベントスに加入したイタリア代表GKマッティア・ペリン(25)が選択していたが、2人が非常に親しい間柄であることから、イタリア代表の同僚でもあるペリンが1年ぶりにユベントスへ復帰した友人へ19番を譲ってあげたようだ。

ボヌッチはバーリに所属していた2009-10シーズンから背番号19を用。妻の誕生日であるほか、数秘術において本人の名前を表す数字とあって、ボヌッチの徴的な番号として広く知られている。

サムネイル画像