スコットランドの1部リーグ事が発生している。スペインマルカ』が報じた。

スティーブン・ジェラード監督のグラスゴー・レンジャーズ指揮官デビューが話題となった、スコティッシュ・プレミアシップ。8日に行われた第1節では、レンジャーズアベルディーンFCに1-1で引き分けたものの、名選手の新たな門出にスコットランドサッカー界は大いに沸き立っている。

しかし、その一方で不名誉な形で注を浴びている選手がいるようだ。『マルカ』によると、その選手はダンディFCに所属するスコットランドMFポール・マクゴーワン先発出場した第1節セント・ミレン戦で判明した。

マクゴーワンは、なんと足首に犯罪者用のトラキングデバイスを巻いて登場。同選手は、先にナイトクラブで警備員に食って掛かったことで現在保護観察中の身にあり、プレー中も装置を外すことが許されなかったという。

マクゴーワンには多数の犯罪歴があり、2010年からこれまでに、共の秩序を乱したことや粗暴な言動を理由として5度逮捕されている。現在トラキングデバイスの着用は2カ間義務付けられ、1年間の保護観察が続けられるようだ。

なお、マクゴーワンはキャリア通算で公式332試合に出場し36ゴール44アシストを記録している。意外なことに、その中で退場した試合は1試合のみ。プライベートでの振る舞いには問題があるものの、ピッチの中ではクリーンな選手だ。

サムネイル画像