の流出を防ぎ、練習施設やスタジアムに投資することで「チームを維持する」

 昨季プレミアリーグで3位と躍進したトットナムは、今の移籍市場プレミアリーグ史上初となる「新戦0人」という記録を立。新シーズンを不安視するも聞こえるが、マウリシオ・ポチェッティーノ監督は「今は勇敢だった」としている。英「エクスプレス」が報じた。

 プレミアリーグのマーケット制度が導入された2003年以降、トットナムは史上初めて一人として新たな戦を加えることがなかった。昨季終了後には、ポチェッティーノ監督クラブに対して「勇敢さ」と「リスクを冒す」ように、と呼びかけていたが、今の移籍市場では大きな動きが見られなかった。

 しかし、アルゼンチン指揮官は自身の要に対してクラブが違った形で行動したと信じているようだ。最後まで獲得を狙っていたアストン・ビラのMFジャックグリーリッシュの移籍は実現しなかったが、「クラブの姿勢はとても勇敢であることを示している」とした。

「このを終えて、クラブに新しいトレーニング施設を建設することは大規模な投資だった。スタジアムの建設にも約10億ポンド(約1410億円)かかっているからね。もちろんサッカーに関わる人々にとって、トットナムが選手を獲得したり、売却しなかったりしたことを理解するのは難しいと思う。だけど、フットボールでは時に、違う行動を取る必要があるんだ。々の決断は選手と契約しないことだった。そして々はヨーロッパ一選手を獲得しなかったクラブとなった。サッカー歴史や見方といったところで、それはたぶん良く見えるものではないかもしれない。だけどベストプレーヤーを守り、チームを維持するというのが々の決定だ。それは勇敢な決断だよ」

 結果が出なければ周りからのは大きくなる一方だろう。だからこそ、ポチェッティーノ監督は昨季と同じメンバーで結果を出そうと燃えているようだ。


Football ZONE web編集部)

トットナムを率いるポチェッティーノ監督【写真:Getty Images】