電車に乗っていたら、「スズメバチの巣があるので、を閉めて」とのアナウンスがあった――そんなツイート2018年8月3日投稿され、話題に上がっている。

実際にどんな状況だったのか見てみよう。

「このトンネルを抜けますと、すぐ横にスズメバチの巣がございます。協し合いを閉めるなど対策をお願いします。」
この車両ただ1人の乗客「シャレになんねえ」バタンバタン
- とうどう (@Mdkfajl_0804) 2018年8月3日

車両には投稿者一人だけだったため、大急ぎでを閉めたようだ。電車に乗っていたらスズメバチ対応をめられるとは、なかなかスリリングな展開だ。

実際にを閉めてみると...

投稿者はなんとかを閉めきり、

実際結構な数のスズメバチ突してたので危なかった
- とうどう (@Mdkfajl_0804) 2018年8月3日

と、危機を乗り越えたようだ。さらにその後は、電車でのを楽しんだ模様。

大井川鉄道アルプスあぷとラインです。全面にあるは全部解放されてて最高です。乗客が増えれば一人あたりの閉めるべきの枚数が減って余裕です! pic.twitter.com/Tn7hbWobeX
- とうどう (@Mdkfajl_0804) 2018年8月4日

この時乗っていた電車は、「南アルプスあぷとライン」の名で知られる大井静岡県島田井川線とのこと。

この投稿を受けて、

「これ必死だわw」
「一人だけしかいない電車、めっちゃ楽しそう」

と、観光列車での予想外の「アトラクション」に夢を膨らませるも上がった。

Jタウンネット編集部は8月10日大井に話を聞いてみた。

担当者によると、該当のスズメバチの巣はあぷとラインの尾盛から閑蔵の間のにできたもので、8月4日には駆除されたそうだ。の裏側が日陰になるため、連日の暑さの影もあってかスズメバチが巣を作りやすいという。人が通る分には問題ないのだが、電車が通る際の揺れでスズメバチがびっくりして出てくることがあるそうだ。

3日は列車交換の際に同士で連絡を取り合い、注意喚起を呼びかけたという。

担当者によれば、スズメバチだけでなく、シカサルなど季節によって様々な動物が出現するため、都度注意をしているそうだ。

自然豊かな南アルプスあぷとライン。尾盛が通じておらず、鉄道でしか行けない「秘境駅」としても知られている。車窓からの風景のほか楽しめるところがいろいろとあるかもしれない!?


とうどう(Mdkfajl_0804)さんのツイート