(C)Hiroyuki MIZUMOTO 

2018年アニメーション映画は、邦画&洋画ともになかなかユニークな作品が多く、どれもが離せないものがあります。

その中で今回は、そこらの商業映画べると手さには欠けるものの、アニメーションならではの手作りの優しい温もりに満ちた味わいを堪できる逸品をご紹介したいと思います……

《キネマニア共和レインボー通りの映画327

人形アニメーション映画『よるのたんけん』、その名のごとく動物たちがの町を探険する22分の珠玉の短編です!

檻から出たぞうとうさぎが繰り出す
一晩の町の冒険

映画『よるのたんけん』は、とある港の貨物置場から始まります。

そこに、ぞう(/『の渦』などに出演の女優後藤ユウミ)とうさぎ音楽家&治療53235“GOMIFUMIKO”)が運ばれてきました。

ぞうは「行きたいところがあるんです」と、ため息をついています。

見かねた係のおじさん/美術作家酒井史)は「まで町を散歩してきていいよ」と、ぞうを檻から出してあげました。

も行きたい!」と、うさぎもぞうと一緒にの町へ繰り出します。

はてさて、彼らは行きたいところに行けるのでしょうか?

(C)Hiroyuki MIZUMOTO 

本作はガラスの上に人形を乗せて、少しずつ動かしながら撮影するストップモーション・アニメーションの技法を駆使した、“子供のための人形アニメーション動物シリーズ”の第2弾として完成させた22分の短編映画です。

最近ではしくデジタル技術に頼ることなく、アナログな撮影を敢行しており、それが効して実に手作りの温もりが感じられる逸品となっています。

しかも2010年製作スタートさせたものの、幾度の中断を経てようやく2018年完成と、およそ8年もの長き歳が費やされた、作り手の気合と持続がようやく実っての作品ともいえるでしょう。

本作の監督はみずもとひろゆき水本博之)。

代表作は、長崎原爆を体験したシスターインタビューし、そのとき収めた膨大な数の連続取材写真現地の人々にトレースさせ、その絵をアニメートして完成させるという前代未聞の発想で描出した作『きろく きおく いま』(17)など。

また“グレートジャーニー”で知られる探検・関野吉手作りカヌーのに同行したドキュメンタリー映画『縄文号とパクール号の航』(15)を監督するなど、ユニークな活動を続けている才人、その最新作が『よるのたんけん』なのです。

(C)Hiroyuki MIZUMOTO 

個人制作アニメ映画の波の中
アナログ感覚へのこだわり

実はこの8月、奇しくもこうした個人制作アニメ映画が、他にもいくつか開されます。

ひとつは“超絶絵師”の異名をとる坂本サクが監督アニメーション原作・脚本・音楽の5役を務めた『アラーニェの籠』(18日より東京・シネリーブル池袋を皮切りに全順次開)。

不気味集合住宅に引っ越してきた女子大生が、そこで呪われたをめぐっての怪異体験を強いられていく幻惑的なホラー映画です。

もう1本は、フランスセバスチャン・ローデンバック監督が“クリトキノグラフィー”という独自の作画技法を駆使して、すべての作画を独りで手掛けた『大人のためのグリム童話 手をなくした少女』(18日より東京渋谷ユーロスペースを皮切りに全順次開)。

1本1本の線そのものをもって、画のような味わいをアーティスティックに描出しながらヒロインの生命を醸し出す見事な作品です。

映像技術の躍進もあって、今は一人でもその気になればアニメーションを作れる時代になってきていますが、そういった流れの中であくまでもアナログ手作り感覚にこだわりながら作品をクリエイトし続けているみずもと監督映像作家としての姿勢もまた、強く賛辞の拍手を送るべきでしょう。

なお『よるのたんけん』を上映する東京下北沢トリウッドでは、本作に2011年製作の“子供のための人形アニメーション動物シリーズ”第1弾『いぬごやのぼうけん』を併映しての上映となります。

(場内には、撮影に用いられた人形も展示されるとのこと。また土日の午後の回は、小さいお子さまたちが多少騒いでも大丈夫、上映中のも少し明るめの[こどもげんき回]を設けています)
※詳細は tollywood@nifty.com まで

また『縄文号とパクール号の航』も同映画館でリバイバル上映中ですので、この機会にぜひともアニメドキュメントといったジャンルに縛られない、みずもとワールド髄に触れてみてください。

(文:増也)

関連記事

まるで『ダイ・ハード』か『死亡遊戯』な、劇場版『僕のヒーローアカデミア』!
1988年の映画『1999年の夏休み』が見通していた30年後の今=心の世紀末
見ないと絶対に後々損する!この夏の大穴的快作『ウインド・リバー』!