「よー! 開けてくれ!くせ~。自分の屁がとどまっちまった」

 東京が36度をえた灼熱の午後、ドイツ産の最高級サルーンの後部座席に鎮座し、某テレビ局に向かっていた殿は、やや懇願気味に、ハンドルを握る運転手に冒頭の言葉を炸裂させたそうです。「そうです」と書いたのは、このエピソードは運転手からのタレコミ情報だからであり、わたくしはその場に居合わせていませんでした。

 ただ、殿の屁が恐ろしく臭いのは、わたくしもよく存じ上げています。

 あれは、殿の運転手を務めていた20年程前の、映画HANA-BI」撮影期間中のこと。

 一、殿をお乗せし、その日の撮影現場へと向かう中、殿はいつもどおりに、何の予告もなしに「ぷ~」っと、一発屁をおこきになったのです。

 静まり返った中にく「ぷ~」といったマヌケなサウンド。そして、その後に襲ってきた、普段より各段にレベルの高い猛な刺臭。いつもなら、何事もなかったように運転に集中し、ノーリアクションで殿の屁をやり過ごすのですが、この日の屁はとにかく臭く、尋常でない悪臭を放っていたため、わたくし、つい、「うっ‥‥」とを漏らした後、何だか笑えてきてしまい、ハンドルを握りながらも、少しばかり肩を揺らし、ニヤニヤと笑みを浮かべてしまったのです。

 そんな“師匠の屁にニヤける子”を、後部座席から確認した殿は、

「おい、お前、何笑ってんだよ。失礼だろ」

 と、冗談半分、本気半分といったトーンで、まずはツッコんでくると、

お前師匠が屁をしたら、子は嗅がせてくださいって申し出るのが普通だろう。師匠の屁を笑うなんて、世が世なら切腹もんだぞ」

 と、ニヤニヤしながら、屁に対する持論を軽くまくしたてたのでした。しかし、世が世なら切腹って! 実に殿らしい言い回しです。

 で、この日の殿の屁を分析すると、わたくし、前日に殿からうな重を御馳走になっていたため、〈この屁の臭いは、昨日のあの高級うな重の成分だな〉といった当然の結論に達し、どうしても笑いをこらえられなかったのです。

 とにかく、殿中での屁はありふれた日常であり、確率的に、5発に1発ぐらいは、とんでもなく刺の強い臭いを放つものと、相場が決まっています。ですから、運転手はそのたびに、〈ムムム、これは昨日スッポンの臭いだな〉と、分析しては、なるべく気づかれぬようニヤニヤするのが日常だったりします。

 そんな殿の“刺臭の強い屁”のせいか、一度など、殿が屁をおこきになった後、常に24度に設定された、それまで静かだった内のオートエアコンが即座に反応し、「ブ~~~ン」と、強いを送口から吐き出してきて、わたくし、そして後部座席の殿までもつい、「プハッ!」と、笑いを漏らしてしまったのも、今となっては良い思い出です。はい。

ビートたけし責任編集長を務める有料ネットマガジンお笑いKGB」好評配信中!

http://www.owarai-kgb.jp/

プロフィール アル北郷(ある・きたごう) 95年、ビートたけし子入り。08年、「アキレスと亀」にて「東スポ映画大賞新人賞」受賞。現在TBS系「新・情報7daysニュースキャスターブレーンなど多方面で活躍中。本連載の単行本「たけし言集~あるいは資料として現代北野武語録」も絶賛発売中!

アサ芸プラス