4日放送の波ちゃん演『サババルウェディング』(日本テレビ系)第4話の視聴率は、7.8ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と、前回から0.2ポイントの微増となりました。1、2話では10えていただけに、なんとも寂しい数字です。

 伊勢友介演じる「riz」編集長・宇佐美恋愛南により、吉沢亮演じる年下イケメンとの距離を縮めつつある主人公さやか。元カレ・和也(風間俊介)とはスッパリ縁を切ることができるのでしょうか……。今回も、まずはあらすじからふり返っていきたいと思います。

(前回までのレビューこちらから)

 

■最悪な誕生日。でも……

 一(吉沢)にランチに誘われ浮かれモードさやか(波)でしたが、期待も虚しく、川村栗原美里奈緒)も一緒でした。一は、さやか美里が自分をめぐってバッチバッチのバトルを繰り広げていることなんて、まったく気がついていません。彼の隣をさりげなくキープしてお醤油を小皿に注いであげたり、ボディタッチをしたり、なかなかやり手な“され女子美里25)に圧倒されるさやか(もうすぐ30)は、話の流れから、思わず一と同い年の27歳であるとをついてしまいました。

 そんな30前のさやかに、ボス宇佐美伊勢)は「出会う男の数を増やせ」とアドバイスを送ります。宇佐美いわく、ティファニー戦争という厳しい時代でも、亡命する貴族から金属を買い取ったり、を輸入してに納めることで店を軍に守ってもらったり、環境の変化に柔軟に対応してきたんだそうです。

「男が消極的で誘って来ない時代だからこそ、自分から仕掛けることに意味がある」

 この言葉通り、さやか同期入社の多香子(高橋メアリージュン)らと合コンに勤しみます。ある日、IT関係の仕事をしている大学時代の友人・健太郎(渋谷謙人)にセッティングしてもらった合コンには、なんと一が! 健太郎とは仕事でつき合いがあるそうです。さやか宇佐美から伝授されたミントを手渡す作戦を決行。必然的に距離が近づき。互いの手が触れて、ハッとなり見つめ合う2人……。

 が、次の間に会場の照明が落ち、サプライズでさやかバースデーケーキが運ばれてきます。一に自分の年齢を3歳もサバ読んでいるさやかにとっては、ありがた迷惑でしかありません。さやかは思わず「違う、まだあと一週間……」と、つぶやくのでした。

 それから一週間後の誕生日当日。多香子は出張、ほかの「riz」スタッフも先約があるようで、さやかは一人寂しく路に着きます。途中、宇佐美から仕事ミス摘する電話があり、さらに落ち込んだところにタイミングが良いのか悪いのか、元カレ・和也から「飯食いに行こう」とお誘いが。ためらいながらも、さやかは再び“元カレ底なし沼”へと落ちていきます。

 食事を終えて別れ際、結婚式のブーケをキャンセルできなかったという和也に誘われ、さやかは「受け取るだけ」と自分に言い聞かせ、和也の自宅へ。しかし、そこには和也がパーティーで連れていたいドレスの女・カオリ藤田ニコル)がエプロンをして和也の帰りを待っていました。玄関が一気に修羅場と化します。

「和也はあなたのこと追い掛けませんから」と、部屋に残していた荷物を押し付けられ、追い出されたさやかは、泣きながら自分のへと帰ります。すると、携帯から通知音が。

「遅れちゃいましたが」
誕生日おめでとう

 一は、合コンさやかがつぶやいた一言を覚えていてくれたようです。ボロボロさやか癒やしてくれたのは、クズな元カレではなく、やっぱり王子様でした。そうしてさやかは第3回コラムを書き上げるのでした。

■黒王子・風間俊介と白王子・吉沢亮

 マスカラが落ち、の下がくなったパンダで泣きじゃくる波ちゃんの姿がなんとも切なかった今話。C&Kが歌う題歌「ドラマ」も、本来の明るいアップテンポ調ではなく、バラード調だったのでより歌詞が胸に刺さり、ドラマを盛り上げていたように思います。

 弱って元カレに甘えた結果、メンタルボコボコにされるというエピソードには、大人女子から「あるあるすぎる」「しんどさの極み」「本当に痛いほど身に染みる」と共感のが。

 それを煽ったのが、なんといっても“クズヤ”こと和也を演じている風間俊介の演技でしょう。和也は“さやか高校時代からの憧れの先輩”という設定だけに、どちらかと言うと、ルックスより演技面での評価が高いかざぽんが演じることに「ありすぎ」というもありましたが、かざぽんによって和也の“クズさ”が引き出され、対照的に吉沢くん演じる一の“王子様感”がどんどん際立ってきます。

 寂しげな表情で「本当に終わっちゃうような気がしたんだ」って、ブーケを口実に部屋に誘う和也に、「浮気して終わらせたのはお前だよ」ってツッコミたくなったのは、私だけではないはずです。

 冷たく高圧的な態度をとったかと思えば、今回のように優しい色で弱ってるさやかにつけ込んだりと、かざぽんファンとおぼしき人からは「クズ役似合いすぎ」「たまらん」と好評の一方で、一般視聴者からは、「胸悪い」「めっちゃ怖い」というが続出。中には、あまりのクズ男ぶりに、「風間俊介が死ぬ程嫌いになった」「ストーリーから退場してほしい」という批判的なも。それほど、かざぽんが役を自分のものにしているということなんだと思います。

 先ほども書いたように、吉沢くん演じる一は、ぐんぐんを上げています。特に今話では、さやかが年上だと確実に気がついているはずなのに、敬語ではなくタメ口でメールを送ってきた王子に、「イケメンで優しい柏木王子最高」「王子の破壊強すぎる」「こんなの好きになるしか選択肢ない」と視聴者奮。

 漫画実写化作品に多数出演しており、ティーン層を中心に絶大な人気を得ている吉沢くんですが、今作で、大人女子からの人気をグンと上げそうです。

 

■でも、視聴率は伸びない……

 編集長・宇佐美恋愛戦略には、「名言だらけ」「私も伊勢友介みたいな人にキチンと教えて欲しかった」と、今話も視聴者ツボを押さえていたようですし、多香子が川村部長不倫をしていたり、買い物袋をぶら下げた編集長が寂しげに商店の路地裏に消えて入ったり、実はみんな何かしらの問題を抱えている……という描写も、リアル感があって、とってもよかったです。

 しかし、3話から続けて視聴率10を切ってしまうという惨状……。コンプライアンスが厳しくなっている昨今に「結婚できなければクビ」という宇佐美パワハラ発言や、「結婚幸せ」という価値観を押し付ける物語が、見る人を選んでしまっているのかもしれません。あとは、これまで書いてきたように、「リアル感のさとストーリーモタモタ感」くらいしか、これといった理由が見当たりません。

 巷で話題の婚活サババル番組『バチェラージャパン』(Amazonプライム)のように、さやか美里がバッチバチのバトルを繰り広げたら、視聴率もアップするかも!? もちろん、冗談ですが。

 今放送の5話では、宇佐美一がご対面するようなので、さやかをめぐって男同士のバトルを繰り広げるのか否か、今回とはまた違った修羅場展開に期待したいところです。

(文=どらまっ子TAROちゃん)

日本テレビ系『サバイバル・ウェディング』番組公式サイトより