木村拓哉工藤静香夫妻の次女で、モデルKoki,(コウキ)が8月9日、高級宝飾ブランドブルガリ」のアンバサダーに就任したことをインスタグラムで報告した。画像ではブルガリ製のネックレス、イヤリング指輪、ブレスレット、そして時計で全身を飾りたて、まさに「ブルガリ一色」だ。

ブルガリアンバサダーは世界中のモデルが憧れる肩書の一つ。5月には故・ダイアナ妃の姪でモデルキティスペンサーが就任したばかりです。ブルガリの宝飾品は数十万円程度の価格帯がメインで、一般人でもがんばれば手が届くので、日本でもOL主婦層に幅広く人気があります。ただ15歳で現役高校生Koki,にとっては明らか背伸びしすぎであり、今回のアンバサダー就任に違和感おぼえる人は少なくありません」(女性ライター

 Koki,は5月女性誌「ELLE JAPON」の表モデルデビューを果たし、7月にはパリで開催されたシャネルオートチュールコレクションに招待されるなど、新人モデルとは思えない厚遇が続いている。もちろん木村工藤夫妻の次女ゆえの扱いだが、そんな環境を巡ってKoki,を心配するもあるというのだ。

シャネルにせよブルガリにせよ、母親である工藤趣味まる見えなんです。若いころからブルガリ好きで知られる工藤は、『サーペント』というヘビが巻き付いたようなデザインのブレスレット時計を身に付けている姿がおなじみ。ただ工藤自身にはさすがにブルガリモデルは務まりませんから、その夢をに託しているのではないでしょうか。つまりKoki,が工藤の着せ替え人形になっているのではという心配です。しかしKoki,自身は年齢的にも内の可らしいブランドを身に付けたいはず。同級生シャネルブルガリの話をしたところで『へー、すごいねー』といった薄い反応になるのはに見えていますからね」(前出・女性ライター

 東京の一般の15歳であれば原宿渋谷アパレルショップを回って、数千円のを吟味している年頃だ。シャネルブルガリだとハイブランドばかりを着せられて、当のKoki,がどう感じているのか。本人の気持ちを聞きたいところだ。

根麻子)

アサジョ