トヨタ人気種「クラウン」は、一体、どこへ向かっているのだろうか?――そんなことを考えながら、15代目となる新に試乗した。

先代クラウン2012年12月の誕生だったから、今回のフルモデルチェンジは5年半ぶり。2003年に登場した“ゼロクラウン”と呼ばれる12代目以降、クラウンモデルチェンジのたびに“変革”が話題になってきたが、今回の新クラウンの変化も、相当なものだと思う。

果たして、クラウンにとってこれまでお得意さまだった団塊世代のオジサンたちが、新の変わりっぷりに着いてこられるのかどうか? ちょっと心配になるほどだが、トヨタ大丈夫だと判断したのだろう。まさに新クラウンは、守りに入ることを良しとしない今のトヨタ企業姿勢を具現したかのような、チャレンジングなモデルに仕上がったと思う。

【クラウン試乗】驚きの変わりっぷり!過去と決別して世界を目指すトヨタの挑戦魂