用水路

9770880_224iStock/Thinkstock/写真イメージです)

11日滋賀県草津志那(しな)町の農業路から首や手足のない遺体が発見された。遺体はランニング中の男性が発見、警察は死体遺棄事件として捜を開始した。

■遺体は胴体部分だけ

遺体は首・両腕に加えから下が切断され、幅3~5mの排路にうつぶせの状態で浮かんでいるのが発見された。遺体は胴体部分だけが見つかっており、年齢や性別は不明。衣服は身に着けていなかった。

切断は物のような鋭利な物で行われたと考えられている。遺体の状況から、死後数日が経過していると見られている。

■警察は殺人事件も視野に

県警草津署は、死体遺棄事件の可性があるとして遺体の解剖を行い死因や身元を調べるとともに、殺人事件も視野に入れて捜する見通しだ。遺体が発見された現場はJR草津駅から北西に約5kmの場所。田んぼの中に住宅が点在する地域。

また、遺体が発見された草津に隣する守山でも今年3月に同様の死体遺棄事件が起きている。こちらも首が切断された状態で発見された。容疑者は既に逮捕されているが、今回の草津の事件との関連性が懸念される。

■ネットでは不安の声

ツイッターなどでは、殺人事件の可性を疑うや、恐怖を感じる反応が立つ。

「被者わかるんかなぁ…」

「頭も手足もない遺体なら、死体遺棄事件しかない」

「守山バラバラ事件の事件の連鎖」

「最近多いな バラバラ死体の事件」

怪談にしても恐ろし過ぎる」

ただでさえの時期はレジャー中の難事故や台風によるなど、不幸ニュースが多い。発見されたのが農業用の排路ということもあり、近隣の農家風評被害が出る恐れも。

いまだ、遺体の身元は判明していない。警察には一刻もい事件解決とともに、新たな事件が発生しないようこれまで以上の警を期待したい。また、事件解決後は住民へのケアも重要だ。

・合わせて読みたい→看護師遺体、男2人はネットで知り合う 「名古屋闇サイト殺人事件」に酷似の声も

(文/しらべぇ編集部・momoya

滋賀県の農業用排水路に首・手足のない成人の遺体 死体遺棄事件の可能性も