前半15分、ポドルスキとイニエスタのホットラインが開通して先制

 J1ヴィッセル神戸は11日、リーグ21節でジュビロ磐田と対戦。元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキと元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタの“元世界一コンビ”が初共演となったが、いきなり二人のコンビネーションからイニエスタJリーグ初得点を奪った。

 今季将に就任したポドルスキは、和歌山キャンプ中の6月28日に左足を負傷。左足内側楔状剥離折で全治6週間と診断され、磐田戦がリーグ再開後初出場。一方のイニエスタも、7月28日リーグ第18節柏レイソル戦後にスペインに一時帰し、3試合ぶりのゲームとなった。

 4-3-3システムを採用した神戸は、イニエスタとポドルスキを両インサイドハーフで起用。ポドルスキからイニエスタへ縦パスが入って会場が沸いた前半12分からわずか3分後、歓喜の間が訪れる。

 右サイドからカットインしたポドルスキの縦パスを、イニエスタ反転しながらトラップしてマーカーの磐田DF大井健太郎を置き去りにすると、飛び出してきた相手GKカミンスキーも交わして冷静にゴールネットを揺らした。

 初共演からわずか15分、ワールドカップ制覇経験を持つ両雄が日本ファンを釘付けにした。(Football ZONE web編集部)

イニエスタ(左)とポドルスキ(右)とのホットラインが開通してヴィッセル先制!【写真:Getty Images】