7回2死まで与えた四球もわずか1

広島巨人(11日・マツダスタジアム

 広島大瀬良大地投手が11日、本拠地での巨人戦で7回2死までノーヒットノーランの快投を見せた。あとアウト7個で快挙達成だったが、巨人岡本和真内野手左翼へ痛二塁打を運ばれ、阻まれた。

 大瀬良は立ち上がりから巨人打線をまったく寄せ付けず。3回に先頭の山本泰寛四球を与えるまで、走者を1人も許さなかった。その後も快調にアウトを重ね続けると、7回には1死からマギーの強な打球を三塁・西川龍馬ジャンピング好捕。運も味方し始めたかに見えた。

 だが、直後に迎えた岡本が、1ボール2ストライクからの4球135キロのフォークを強振。鋭い打球は左翼への二塁打となり、大瀬良は快挙を阻まれた。

 続く亀井善行四球を与えて、2死一、二塁としたが、最後は陽岱鋼を一塁フライに打ち取り、失点で切り抜けた。(Full-Count編集部)

大瀬良、7回途中でノーヒットピッチング途切れる