デラネイ、ヒッツとともにセッションに参加 様々なポーズで撮影会場を盛り上げる

 ドイツ1部ブンデスリーガ8月24日に開幕を迎える。日本代表MF香川真司が所属するドルトムントは上旬に、新シーズンに向けた顔写真集合写真の撮影を行うメディアデーを設けたが、クラブ公式ツイッターが「モデルの才があることが判明」と動画開。香川お茶に“裏ピース”を決める模様が収録されている。

 ロシアワールドカップW杯)に日本代表の一員として出場した香川は、グループリーグ初戦のコロンビア戦(2-1)で先制PKを決めるなど、西野ジャパンベスト16進出に貢献。束の間の休息を経て、ドルトムントスイス合宿に合わせてチームに合流した。

 現地時間7日に行われたFCチューリヒとのテストマッチでは4-3-3のインサイドハーフで出場し、新将のドイツ代表FWマルコ・ロイスゴールを演出する巧みなロングパスを通した。26日にRBライプツィヒとの開幕戦を控えるなか、ドルトムントは10日に新シーズンに向けたメディアデーのひとコマ動画開した。

 香川スイス代表GKマルビン・ヒッツ(←アウクスブルク)とデンマーク代表MFトーマスデラネイ(←ブレーメン)の新加入コンビで行われたセッションでは、ドルトムントカラーである黄色の提を持って撮影。デラネイがを捻ってユニークポーズをとると、その場は笑いで包まれ、香川リラックスムード。デラネイとって提を肩にかけてクールに決め、さらにはさりげなく“裏ピース”を見せるお茶な一面を覗かせた。

 今オフトルコの強ベジクタシュ移籍が囁かれるなど、周辺が騒がしい日々が続く香川だが、本人はリラックスしつつも、静かに集中を高めているようだ。(Football ZONE web編集部)

ドルトムントのMF香川真司【写真:Getty Images】