21節磐田戦、ポドルスキのパスから麗なタッチJリーグゴールマーク

 J1ヴィッセル神戸は11日、リーグ21節でジュビロ磐田と対戦し、元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキと元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタの“元世界一コンビ”が初共演。二人のコンビネーションからイニエスタJリーグ初得点を奪い、海外メディアから「名人芸」「トラップ」と絶賛のとなっている。

 今季将に就任したポドルスキは左足負傷で一時離脱も復帰し、イニエスタも第18節柏レイソル戦後スペインに一時帰していたが3試合ぶりのゲームとなった。神戸は4-3-3システムを採用し、イニエスタとポドルスキを両インサイドハーフで出場。そして前半15分にその場面は訪れた。

 右サイドからカットインしたポドルスキの縦パスにイニエスタが反応。鋭い反転でマーカーの磐田DF大井健太郎を置き去りにすると、飛び出してきた相手GKカミンスキーもかわして冷静にゴールネットを揺らした。

 イニエスタJリーグゴール海外から称賛のとなっている。フランスメディアsports.fr」は「イニエスタが甘美な初ゴールイニエスタとポドルスキがくも好連係を見せた。麗なコントロールから冷静に沈めた」と報じると、衛星放送「FOXスポーツ」のイタリア版も「日本で最初のマジック。年齢やリーグに関係なく、もしイニエスタのような怪物であれば明できる」と称えた。またスポーツ専門テレビ局「ESPN」のアルゼンチン版は「名人芸」と賛辞を送っている。

 イニエスタゴール速報は即座に世界中を駆け巡り、反を呼んでいるようだ。(Football ZONE web編集部)

神戸MFイニエスタ、来日初得点で世界絶賛!【写真:Getty Images】