連続テレビ小説「半分、い。」(NHK 総合 〜土 8時〜、BSプレミアム 〜土 あさ7時30分〜)
第19週「泣きたい!」第113回 8月10日)放送より。 
脚本:北川悦吏子 演出:橋爪紳一朗

NHKドラマ・ガイド 連続テレビ小説 半分、青い。 Part2

113話はこんな話
楡野ボクテ(志尊)とユーコ清野菜名)の前で、過去でのプロポーズの件や今の鈴愛永野芽郁)と佐藤健)の気持ちが明確にされる(公開処刑)。

実は知っていた
111話の視聴率が24.5 、112話は23.7と好調。視聴率が上がっているというニュースになると興味をもって見る人もいそうだ。そんなときに113話でこれまでの鈴愛の関係のふりかえりが入るのはとてもタイミングがいい。

頭に血が上って縁側からひっくり返ってしまった鈴愛を助けながら「鈴愛、いまの話ほんと?」とが聞く。
鈴愛への話し方はいつも優しい(鈴愛には弦楽器チェロのように聞こえている設定)。
でも、居間でみんなが見守っているなか、は「鈴愛の気持ちに応えることはできない。は既婚者だからだ」ときっぱり。既婚者なのだから仕方ない。

だがじつはすでに相は菜生(奈緒)から聞いていたとは言う。
「半分、い。」おなじみの、実は、実は、の後出し戦法については問わない。ここでは「」というネーミングの秀逸さに注したい。
あの日の出来事を思い出すたびリアルぽい名が出てくるよりも、「」でのできごと、みたいになったほうが叙情性は増すと思う。

なんでそのタイミングで・・・
相を菜生から聞いたのは、より子石橋静河)との結婚のあとだった。
「なんでそのタイミングで・・・」「わけわからん 電話」と鈴愛は菜生に対して物申したい様子。
これは物語によくある“届かなかった手紙パターン”。
例えば「ロミオとジュリエット」では、ジュリエットが伝令にロミオ宛に手紙を託す。そこに死んだふりする作戦について書いてあったが、それが届かなかったがために彼は彼女が死んでしまったと絶望して悲劇となってしまうのだ。
つまり、鈴愛は菜生を通して本音がに通じることを願っていたが、残念ながら伝わらなかったということだろう。
あんなにふたりのことを思っていた世話好きの菜生がどうしてすぐにに伝えなかったのか・・・なんか菜生が失敗しちゃった感じになってちょっとかわいそうな気もするので深追いはすまい。

劇中劇のような
鈴愛は楡野ボクテとユーコの前で、の別れから、ともしび鈴愛が「を支えたい」と言った件までお互いの真実をあらいざらいる。
「支えたい」は「友達として」言ったという鈴愛
「なんかおれどきっとしちゃってさ」と
ようやく誤解が解けた形ではあるが、「こんな家族の前で公開処刑しなくていい」と鈴愛は困惑する。

縁側で行われる鈴愛のやりとりを、居間から楡野ユーコボクテが見ている形は、ふたりのお芝居をお客さんが見ているようで、まるで劇中劇。この感じはとてもおもしろかった。
泰子)や太郎賢一)は、知らない間ににいろいろあったことを知る。
「断ったのか」と複雑な表情のの傍ら、賢一の一連の動きがとしてのもろもろな思いを雄弁にっている。
「私の人生 波乱万丈や」なんてことも言って。
清野菜名も表情豊かに見ている。彼女のこの顔がその後、の食堂の場面に生きていく。

鈴愛はなんかやるよ
中、鈴愛ユーコは向かい合ってビールを飲む。
「ふたり(鈴愛)の関係はナチュラル家族の前でオープンで」「まだ続いていて」「家族じゅうに見守られていて」とユーコは肯定的にる。
ぎくしゃくしても運命的な幼馴染だから全崩壊することなく、すぐにまた仲良くなれる。
ただあまりにも親密過ぎて、たとえが既婚でなくても、いまさら甘い関係になるのは難しそう。この難しそうな感じが、居間でみんなに見守られているという喜劇仕立てによって緩和される。
このどうにもならなそうな感じがドラマの牽引にもなっている。
昭和の名作を朝ドラリメイクしたら視聴率で苦戦したすれちがいものの代名詞「君の名は」(91年)のリベンジ、いまこそ!という感じである。


社長になる
ユーコ現在、十代の頃の夢だった看護師して看護学校に通い、実習でへこたれているところ。
鈴愛の強さに励まされ、「鈴愛はなんかやるよ」と予言。「鈴愛パワーは 生きるチカラはすごい」と。
漫画家主婦看護師・・・と変わっていくユーコ
漫画家100円ショップ店員主婦シングルマザーと変わっていく鈴愛
「(人は)何回だって生まれ変われると思う」「人生のなかで新しい自分が生まれていく」とユーコは素敵なメッセージる。

ユーコの言葉に影されたか鈴愛は、ブッチャー(矢本)にうち(不動産屋)で働かないかと誘われると、
「ブッチャーに使われるくらいだったら物乞いになる」と拒否し、「私は人には使われん。社長をやる」と唐突に言い出した。

今日の気になる
カンちゃんは、パパ外の人ママが好きだと言って感情を昂ぶらせていても困惑しないものだろうか。カンちゃんは“たぬき寝入り”をよくやるくらい賢いみたいなので、鈴愛の運命を悟ってしまっているのかもしれない。持つべきものはよくできた子。
(木俣

「連続テレビ小説 半分、青い。 Part」 (NHKドラマ・ガイド) NHK出版