ペットを飼うからには最後まで責任を持つのが飼いとしての当然の義務だ。しかしイギリス飼い犬2匹を餓えさせて死に追いやっただけでなく、その2匹の死骸と暮らし続けていた女が逮捕・起訴された。女の自宅を訪問したRSPCA(英国王立動物虐待防止協会)の捜官らは、の中からは強な腐敗臭が漂っていたことを報告している。『Metro』などが伝えた。

今年1月30日、サウス・ヨークシャー州ロザラムに暮らすターラ・ブリッジズ(32歳)の自宅を訪れたRSPCA職員らは、の中で2匹のヨープーヨークシャーテリアプードルミックス)の“ライラ”と“モキシー”が残な姿で息絶えているのを発見した。

医の検死によると、ソファの上にいたライラは職員訪問の15日ほど前に息絶え、ドアの後ろの床にいたモキシーは発見の3日~7日前に死んだとみられている。ライラは腐敗が酷く、眼窩の中にはウジが湧いている状態だったという。2匹の死因は餓死以外に見当たらないようで、RSPCA職員サンドラ・ドランスフィールドさんは「仲間が飢えて死んだのをの当たりにしたモキシーにとって、自分も同じように死ぬまでの日々を思うとやりきれなかったことでしょう。飼育放棄して、死に追いやったペットで一緒に生活していた飼いの気がしれません」と話している。

ターラのの台所シンクには片付けられていない食器や空き缶などが散乱しており、用のボウルにはいつ与えられたのかわからない餌が腐った状態で残っていた。また床にはの排物も見つかっており、ターラはの死骸と排物が入り混じった悪臭の中で生活していたとされる。

警察の取り調べに対し、ターラは「RSPCA職員の訪問前は、数日間来客があり、を置いて留守にする直前は2匹は元気にしていた」と供述したそうだ。ターラが不在の間に宅捜したRSPCAは、に入るなり強な悪臭を嗅いだと報告している。このほどシェフィールド治安裁判所で行われた裁判に出廷しなかったターラは、不必要に動物を苦しめた2件の罪と動物法に違反した2件の罪で起訴されており、判決は後日言い渡される予定とのことだ。

画像は『Metro 2018年8月8日付「Woman lived with dead dogs in squalid flat after starving them to death」(Picture: RSPCA)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 エリス子)

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト