11日に行われた明治安田生命J1リーグ21ヴィッセル神戸ジュビロ磐田の試合後、元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタゴールドイツにも速報で伝えられた。

 前半15分に元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキが得意の左足で鋭いスルーパス。走り込んだイニエスタが回転しながらボールを受け、最後はGKをかわして冷静にゴールへ流し込んだ。この世界トップレベルの意気の合ったコンビプレーに、『キッカー』は「ワールドクラスゴールだ!」と称賛。

 『シュポルトビルト』も、ヴィッセル神戸の勝利を報道。「ポルディとイニエスタが、魔法神戸を勝利に導いた」と見出しをつけ、二人のホットラインを紹介した。

 オンラインポータルOne Football』は、「ポルディはアシストイニエスタの初ゴールは、心の美しさ」と紹介。イニエスタを「生ける伝説」と称した同サイトは、「々は多くを書く必要はないだろう。単純に楽しんでもらおう。このボールの受け方…」とゴールシーンDAZN.DEの動画付きで紹介。もはや適切な表現を見つけるのも難しい様子を見せた。

 神戸の元世界王者コンビのホットラインに、世界中の注が集まっている。

初共演を飾った(左)イニエスタと(右)ポドルスキ [写真]=J.LEAGUE