モナコインテル行きが迫るセネガル代表FWケイタ・バルデ・ディアオ(23)の後釜としてローマアルゼンチン代表FWディエゴ・ペロッティ(30)を狙っているようだ。イタリア『トゥットスポルト』が伝えている。

モナコでは昨に加入しとしてリーグ23試合に出場したケイタがインテル行きに迫って模様。インテル500ユーロ(約6億3000万円)で1年間レンタルし、その後、3400万ユーロ(約43億円)の買い取りオプションを行使して5年契約オファーを提示しているようだ。

『トゥットスポルト』によると、モナコはケイタの後釜としてペロッティをリストアップしており、今後正式にオファーを提示するようだ。今年3月ローマ2021年まで契約延長したペロッティは、昨シーズン公式戦で35試合に出場し8ゴール5アシストマークしていた。

サムネイル画像