文:ミル吉村

 海外2018年11月14日プレイステーション4/Xbox One/PCリリース予定の『Fallout 76』。オープンワールドRPGFallout』(フォールアウト)シリーズオンラインRPG的な要素を取り入れた本作について、新情報開された。

 発表が行われたのは、現在テキサス州ダラスで開催中のid Softwareファン向けイベントQuakeCon”。id Softwareと同じゼニマックスグループによる作品ということで、シリーズ揮を取るトッド・ハワード氏をはじめとするスタッフによるパネルディスカッションが行われた。


【画像5点】「『Fallout 76』カードデッキ風のPERKシステムや、“攻撃的プレイヤーがコンテンツにされる”PvP&賞金首システムなど新情報が公開」をファミ通.comで読む(※画像などが全てある完全版です)

 本稿では、パネルディスカッション中に判明した本作の仕様についてご紹介していこう。

S.P.E.C.I.A.L.の各項PERKカードセットして強化

 今回のパネルディスカッションでは、既存の『FalloutプレイヤーにおなじみだろうS.P.E.C.I.A.L.やPERKによって行う強化カスタマイズについて、新映像も交えつつ大きく紹介していた。

 あらためて簡単に概念を説明しておくと、S.P.E.C.I.A.L.は耐久値やカリスマ性といった7項に分けてプレイヤーを数値化したもの。一方PERKは、特定条件下で発動するブーストなどのユニークな特殊効果を得るものだ。


 本作でレベルアップすると、まず上限を増やしたいS.P.E.C.I.A.L.の項を選び、続いてそこにセットするPERKを選択する。そしてPERKはトレーディンカードのようになっていて、それぞれS.P.E.C.I.A.L.のどれかに属しており、性に応じて1から5までのコストがある。

 例えばS.P.E.C.I.A.L.のC(カリスマ)が4ポイントある時は、合計4コストまでのカリスマPERKカードセットできるという形だ。コスト2のカリスマPERKカード2枚や、コスト3のカリスマPERKカードコスト1のカリスマPERKカード、あるいはコスト1のカリスマPERKカード4枚といった感じに、上限値の範囲内でカードを組み合わせられる。

 なおレベル50をえるとS.P.E.C.I.A.L.の上限値追加はできなくなるが(各項の最大値は15)、レベルアップカード獲得自体は継続して行える。


 PERKカードレベルアップ時に手に入るほか、一定レベルごと(現状の仕様ではレベル10までは2レベルごと、以降はレベル5ごと)にカードパックを引いて手に入れる(※)。トレーディンカードのようにレアカードおまけガムなどが存在し、ガム噛むと少しだけ飢えの進行が遅くなるとか。

 カードゲーム的な要素としては、同じカードを合成することで性を強化可(ただしコストも上がる)。また映像に出てきたカードにはロックマークが表示されており、もしかするとトレードの可不可があるのかもしれない。

(※2018年8月12日午前6時半追記カードの入手条件に誤りがあったため、訂正致しました)


 そのほかプレイヤーキャラクターを規定するものには、“強さが低い代わりに高く飛べる”といったミューテーション(突然変異)もある模様。映像中ではミューテーションに関連したPERKカードなども映っていた。

 なお本作のVATSシステムでは通常は部位定攻撃ができないが(恐らく『Fallout 4 VR』と同じようなシステム)、それを可にするPERKカードも存在するという。

戦わなくてもいいPvPシステムと賞

 本作では、クリーチャーなどと戦う従来の『Fallout』のPvE要素と、他プレイヤーと戦うPvP(対人戦)要素がミックスされている。となると問題になりうるのが、執拗なPK(プレイヤー狩り)や、あえてこちらの先制攻撃フラグが立つように仕向けてから“正当防衛”として狩るといったテク。

 『Fallout 76』でのPvPシステムレベル5以上で解禁される。ただし一方のプレイヤー先制攻撃した時点では限定されたダメージしか入らず、やられた側が撃ち返すことで正式にPvPとして認定されるという形。両プレイヤー間の性差はある程度調整される。

 攻撃的なプレイヤーゲーム内のコンテンツにしてしまうというアイデアが組み込まれており、応戦しないプレイヤー一方的に攻撃して倒した場合は賞首となる。同じサーバー内の他プレイヤーマップ上に賞首としておおよその位置が表示されてしまう一方、自分の側では他プレイヤーの位置が表示されなくなる。

 ちなみに賞首として狩られた場合の賞は自分のCAPゲーム内通貨)から支払われることになる一方、賞首として生き残ることによる報酬は特にないそう。

 なおPvPでの死亡時に装備などを失うことはなく、クラティング素材に使うジャンクアイテムしか落とさない。ファストトラベルのように行ったことがある場所から復活ポイントを選ぶことができ、多少のCAPを支払うことで遠方から復活することなども可。さらに初期のエリアの場所には無料で復活できる。逆に死亡時に復讐を誓うこともでき、成功すると倍の報酬が手に入るという。

 またPvPを避けたい人のために、“Pacifist Flag”(平和旗)モードが存在する。これを有効にすると自分の攻撃が他プレイヤーに当たらなくなるので、クリーチャーとの戦闘中などにわざと割り込んでこちらの先制攻撃フラグを立ててくるテクへの対抗手段となる。

 さらにしつこいプレイヤーがいる場合は、“視”を選ぶこともできる。視を選ぶとそのプレイヤーに自分の場所が表示されなくなるので、遠くのエリアに離脱すればほとんど見つけられなくなるという寸法だ(逆に言うと、通常時はマップ上に他プレイヤーの位置が表示され、賞首や視によって変化する)。

ボイスチャットシステムやプライベートサーバーなど

 ゲームにはボイスチャットシステムがあり、地域内チャットフレンド間のスクワッド(分隊)チャットを使用できる。そのほか、簡単に感情を表現する“エモート”ホイールも存在。音まわりでは恒例のラジオステーションもあって、1940年代の楽曲などを楽しめるという。

 そしてゲームにはフォトモードがあり、ポーズを取って記念写真を撮れる。顔のカスタマイズはいつでも可で、性別の変更すらも行える。

 ゲームオンラインゲーム的に継続して開発が行われていく予定で、プライベートサーバー提供MOD対応なども検討されているとのこと。