東京23区の北東部、足立区の南西部に位置する「北千住」。北千住駅は4社5路線が乗り入れており、足立区最大のターミナル駅

都内屈観光地、東京スカイツリー浅草にも近く、2015年から2017年にかけて、「場だと思うランキング」で第1位ランキングしているのだそう。

そんな東京の北千住には、日本を代表するといっても過言ではない大人パンケーキ店があります。

その名も『珈琲 香』。

平日でも大行列大人気のパンケーキ店では、整理券配布制度を導入

香は土日だけではなく、平日でも大行列なるほど大人気のパンケーキ店。オーダーを受けてからひとつひとつ丁寧にパンケーキを作っている為、1日の販売数に限りがあります。

そのため、い時間帯で売する日もあり、現在は整理券制度を導入。当日8時より整理券が配布され、その案内は随時ツイッターにて行われています。

・店名の由来はパンケーキが大好きなマスターのあだ名

屋号の『香』は、マスターの小さい頃からのあだ名なのだとか。マスターの土日の朝食は、幼少の頃からいつもパンケーキ

起きるとホットプレートには焼きたてのパンケーキがあったのだそう。元々は会社員勤務だったマスターは次第にお店を出したいと思うようになったのだそう。

そんな香のパンケーキは、毎デコレーションの内容が変わり、その美しすぎる姿は毎SNSで話題になるほど

そして、毎変わる絶品パンケーキの中でも土日のみ提供スペシャルレアパンケーキがあるのです!

8月の土日限定パンケーキは「向日葵ひまわり)」1,435円(税別)

8月の土日限定パンケーキは、「向日葵」。と言えばひまわりですよね。

パンケーキトップは、向日葵イメージしてパイナップルデラウェアデコレーションされています。

ふっくらとしたパンケーキの上で、まるで向日葵が大輪のを咲かせているようですね。

そして、パンケーキの周りをキウイバナナオレンジお花畑のよう。濃厚なパンケーキの合間に口の中をさっぱりさせてくれるマンゴーシャーベットの存在も嬉しいですね。

・食材と焼き方にとことんこだわって作る絶品ふわふわパンケーキ

パンケーキ生地は3枚も!ボリュームがあるようにみえますメレンゲ生地がたっぷり、ふわふわ食感も軽くあっという間に食べられてしまいます。

このパンケーキの生地にはマスターへの想いがたくさん詰まっています。

「おいしいパンケーキを作りたい、安心して食べていただきたい」そんな想いからこだわったのが粉からの配合。そして 牛乳バターミルク製品すべての食材にもこだわっています。

一枚一枚丁寧にじっくりと焼き上げるパンケーキは、テーブルに運ばれてきたら次第にしぼんでしまいます。口の中でふわしゅわにとろけるパンケーキをぜひ温かいうちに食べてみてください。

コーヒースペシャルティコーヒの専門店「堀口珈琲」の豆を使用

香のコーヒーミルクを使ったラテは、スペシャルティコーヒの専門店「堀口珈琲」の豆を使用しています。

オススメは、堀口珈琲サンタカタリーナの豆と北海道十勝産の濃厚な生ブレンドした「ミルクコーヒー」。

パンケーキとのセット価格で300円にて注文できる「ミルクコーヒー」は、ミルキーコーヒーのコクも感じられるので、コーヒーが苦手な方にも飲んでいただけます。

木を基調とした落ち着いた店内では、おひとり様でもくつろげるカウンター席やテーブル席が用意されています。

香のパンケーキはそれぞれ名前がついており、それぞれに生地やデコレーションに特徴があります。先述した土日限定パンケーキ以外にも平日限定メニューなど絶品パンケーキがずらり。

どんなパンケーキが食べられるのかは来店してのお楽しみ。昔ながらの下町の雰囲気が感じられる「北千住」で香の絶品パンケーキを一度食べに訪れてみてはいかがでしょうか。パンケーキに対する概念が変わるかもしれませんよ。

お店 珈琲
住所 東京都足立区千住1-24-8
営業時間 10:00~パンケーキ売時終了
定休日 月曜日 火曜日
お店の公式ホームページ https://coffee-chaka.jimdo.com/

大輪の向日葵を咲かせた8月の土日限定の絶品パンケーキを味わおう! / 東京都足立区千住の「珈琲 茶香」