内最大のロックフェスティバルROCK IN JAPAN FESTIVAL 2018」が、8月4日、5日、 11日(土・祝)、12日(日)と2週続けて茨城ひたち公園で開催中。5日のPARK STAGEでは、HYパフォーマンスした。

【写真を見る】ボーカルの新里英之が会場を盛り上げる

三線の音色が沖縄らしい「overture」が流れる中、メンバー新里英之、名嘉俊、許田信介、仲宗根宮里が登場。

「このが聴こえている皆さん、はいさーい(沖縄方言で“こんにちは”)! 沖縄から来ましたHYです! 今日一日しかない特別な日、皆さんの大切な時間、HYに預けてくれませんか!?」と新里あいさつすると「福丸」でステージを始める。

そして2曲は、ドラム名嘉が「ロックインジャパンに来たくても来れなかった、あなたの大切な仲間の分まで楽しんでくれますか!」と観客を煽りAM11:00」へ。HYの代名詞と言っても過言ではない名曲イントロをきっかけに、PARK STAGEアツのステージに様変わる。

新里英之のコールレスポンスに会場戸惑い!?

MCパートでは「HYロックインジャパンに初めて出演したのは2002年20歳の頃でした。そして皆さんのおかげでバンドは18年を迎えることになりました!」と新里。続けて「今日初めてHYステージに来てくれた方?」と問い掛けると、予想していたよりも挙手が多かったのか「こんなにいた。(18年間活動していたのに)今までどこにいたの?(笑)」とおどけて見せる。

さらに「18年活動してきて、ステージの盛り上げ方も学んできたわけ。だから、学んだ方法で盛り上げてから次の曲につなげます」と宣言し、「ひ・た・ち・なか!ひ・た・ち・なか!ここは、ひ・た・ち・なか!」と子気味良いテンポで会場を煽る。盛り上がったところで「いず(仲宗根)、これで(次の曲)どうでしょうか?」と振るも、受けた仲宗根は「やりづらいわ! 盛り上げ下手くそか(笑)!」とツッこみ軽快なやり取りを見せてくれた。

その流れから「366日」を披露すると、新里の盛り上げ以上にヒートアップバラード曲ながら、ファンは熱を持ったままステージを見守った。

終盤は「てがみ」「フェイバリットソング」「ホワイトビーチ」とヒット曲で畳み掛け、名曲を詰め込んだ最強過ぎるセットリストで今年のRIJFを終えた。(ザテレビジョン

HYが最強セトリでRIJFのステージに降臨