TBS系で放送中のドラマこの世界の片隅に」のサウンドトラック8月29日リリース。本作より松本穂香が歌う劇中歌「山の向こうへ」が本日8月12日24:00に先行配信されることが決定した。

【大きな画像をもっと見る】

こうの史代の同名マンガ原作にしたこのドラマは、戦時中の広島呉市を舞台に、身近なものを失っても前向きに生きていく少女すずの姿を描く物語。劇中でも主人公すずがたびたび口ずさむ「山の向こうへ」は久石譲ドラマのために書き下ろした楽曲で、ドラマ版の脚本を担当する岡田和が作詞を手がけている。松本はこの楽曲について「レコーディングは初体験なのですごくドキドキして、終わってほっとしています。久石さんの曲と岡田さんの歌詞がとても合っていて、すずさんたちが暮らしている広島の江波やのちょっと昔の風景がふっと浮かぶような、優しい歌だなと思いました」とコメントしている。

松本穂香 コメント

レコーディングは初体験なのですごくドキドキして、終わってほっとしています。久石さんの曲と岡田さんの歌詞がとても合っていて、すずさんたちが暮らしている広島の江波やのちょっと昔の風景がふっと浮かぶような、優しい歌だなと思いました。何度か歌わせていただいたのですが、最後のほうは、スタッフさんやみんなの顔を思い浮かべながら歌いました。歌っていて自分自身、優しい気持ちになれました。久石さんが作ってくださった曲も、ドラマ全体の雰囲気も、とても優しく穏やかな時間が流れています。ぜひ、この歌を聞いて、ドラマもご家族って見ていただきたいです。

レコーディング中の松本穂香。(c)TBS