かつて本田導したスルツキー監督、堂安を要警人物に挙げる「簡単ではないだろう」

 オランダ1部フローニンゲンMF堂安は、8月12日にフィテッセとの開幕戦を迎える。昨季は海外挑戦1年で9ゴール4アシストを記録し、今季から新たに「7番」を託されたが、対戦する敵将も「リツ・ドウアンリーグトッププレーヤーの一人だ」と警心を強めている。オランダサッカー専門サイトFC Update」が報じた。

 堂安は2017年6月J1ガンバ大阪からフローニンゲンに期限付き移籍。同クラブに所属した10代選手としては、元オランダ代表MFアリエン・ロッベン(現バイエルン)らわずか3人しか成し遂げていない8ゴール以上をクリアした。クラブシーズンMVPにも選ばれ、全移籍のオプション行使と新たに3年契約が締結された。

 新シーズンから7番を背負う堂安は、7月24日のデ・フラーフスハプとの練習試合で絶妙なアシストを決めるなど、新シーズンに向けてコンディションは上々。クラブ公式ツイッターで「リツ・ドウアン2018-19シーズンに何ゴール挙げる?」と問いかけると、ファンからは最低10ゴール、二桁得点・二桁アシストをノルマとするが挙がり、2年への期待はさらに大きくなっている。

 対戦相手にとっても、堂安は要警人物のようだ。記事では、開幕戦で相まみえるフィテッセのレオニード・スルツキー監督クラブ公式サイトったコメントを紹介している。

シーズン最初の試合はいつだって重要だ。フローニンゲンは良いチームだし、リツ・ドウアンエールディビジトッププレーヤーの一人だから、簡単(な試合)ではないだろう。少なくとも昨季と同じ(6位)成功は収めたいし、おそらくシーズン中にこの野望に向かってアジャストしていけるだろう」

 CSKAモスクワ時代に日本代表MF本田圭佑導したスルツキー監督から警された堂安。昨季6位に入った相手の守備網をかいくぐり、ゴールネットを揺らせるか注だ。(Football ZONE web編集部)

フローニンゲンのMF堂安律【写真:Getty Images】