有名人が“湯シャン”しているといっても毎日シャンプーをしないのは不安がある

PRESIDENTオンライン2018年7月7日号によると、ミュージシャン福山雅治さんは毎日シャンプーを使わず、お湯だけで先をする“湯シャン”を実践しているといいます。

このシャンプーを使わない洗方法は「ノープー」と呼ばれていたり、内科医の村里紗氏(「日本人はなぜ臭いと言われるのか」著者)は「休プー」と呼んでいたりしていて、徐々に認知度を高めています。

とはいえ…あなたの周りにシャンプーを使わない人はどれほどいるでしょうか?いや、1人でもいるでしょうか?いくら福山雅治さんが実践しているからといって、「じゃあ自分も!」とはなかなかならないものです。理由はもちろん簡単ですよね。

もし、シャンプーをやめてしまったら

  • 頭皮がかゆくなったらどうしよう…
  • フケが出始めたらどうしよう…
  • 臭くなったらどうしよう…

そして、「あの人なんか不潔」と思われたらどうしよう…といった不安があるからです。そこで、実際に約6ヶ間、一切シャンプーを使わずに過ごした経験のある私から、湯シャンをするとどうなるのか?をお伝えしたいと思います。

シャンプーをやめるとすぐに気になる「脂」と「臭い」

シャンプーの使用をやめて3日ほどすると、頭皮がベタベタするだけではなく、頭皮を触ったまでベタベタするのが分かります。そして、そのが臭いことにも気づきます。嫌な予感の始まりです…。

さらにそこから1週間ほど経つと、今度は頭皮の臭いを直接自分の鼻で感じるようになります。特になどでがなびくとモワッと脂臭い臭いがし始めます。しかし、一方で皮脂が増えた分、には潤いが出始めます。

臭いの後にやってくる「かゆみ」と「ベタつき」

シャンプーをやめて数日後、頭皮が臭いだしたら、今度はかゆみが発生します。ボリボリとかきむしる程ではありませんが、スポーツ後など、体が温まっている時は特にかゆみを感じるようになります。この頃になると、は潤いを通り越して、ベタつきへと変わっていきます。

シャワーの温度を上げてみたが良い効果はなかった

シャンプーを使わないとはいえ、毎日お湯で洗をしていても、不潔さは感じるものです…そこで、私はお湯温度を上げるようにしました。

油汚れはよりも温度の高いお湯の方が落ちやすいからです。例えば、手についた油性マジックを落とすのも、よりお湯の方が落ちやすいですよね。しかし、温度を上げたからといって大きな違いはありませんでした。

それどころか、お湯温度が上がればが傷みやすくなってしまうので、々に中止しました。

6か月後…「不潔感」「ボリュームの減少」などが目立ってきた

シャンプーを使わなくても、湯シャンを続けていれば臭いとかゆみは一定以上感じることはなくなります。(全くなくなる訳ではありません)ただし、のベタつきは“不潔”といわれても仕方のないレベルになるばかりか、ボリュームがなくなり老けて見られやすくなります。また、皮脂によっては毛束ができやすく、地肌が透けやすくなりますので、薄毛になった印を与える危険があります。

肌が弱い人や頭皮の乾燥が酷い人は湯シャンはトライする価値がある

例えば、お肌が弱くシャンプー自体があまり合わない方、や頭皮の燥が酷い方にとっては行う価値が十分にあります。あと単純にお風呂の時間が短縮でき、お金がかからなくなります。

ですが、湯シャンを行う上で注意しなければいけないことがあります。

湯シャン時の3つの注意点

最後に、湯シャンをするにあたって、注意して欲しいことを3つだけお伝えします。

また、炭酸水小麦粉は頭皮の汚れを落とすのに優れていますので、こいうったもので補うのも1つの方法となります。ただし、お風呂小麦粉を使うと後片付けが非常に大変な上、もし家族にバレるとで見られるかもしれませんのでご注意ください。

長谷川 /毛診断士)

6か月シャンプーを使わず過ごしたらどうなる?“湯シャン”ついて知っておくべきこと