16、17年と2年連続で右肘手術を経験

オリックスロッテ(12日・京セラドーム

 オリックス東明大貴投手が12日のロッテ戦(京セラドーム)に今季初登板先発を果たす。昨年6月14日広島戦(マツダスタジアム)以来となる1軍登板に「思い切っていきたい。今できる自分のピッチングをやるだけです」と気を引き締めた。

 ルーキーイヤーの2014年先発中継ぎフル回転し、26試合に投げて5勝を挙げると、翌年は先発ローテに定着し10勝をマーク。だが、16、17年と2年連続で右肘を手術し、登板機会は減少した。ここ2年はリハビリと右肘の違和感に悩まされ「思ったようなボールを投げられなかった。いろんな方のサポートがあって戻ってこれた。今は痛みなく投げられています」と感謝を口にした。

 チームしいAクラス争いと続けているだけに「今の自分の100%を出して、チームが勝てるような投球をしたい」。自身の復活、そしてチームの勝利のため東明が約1年ぶりのマウンドに上がる。(橋本 / Kengo Hashimoto

オリックス・東明大貴【写真:荒川祐史】