ユベントスに移籍したポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドコメントした。イタリアカルチョメルカート』が報じた。

長らくレアル・マドリーの絶対的エースに君臨したC・ロナウド。今、そのレアル・マドリーに別れを告げ、新たな活躍先としてイタリアの絶対王者ユベントスを選択した。

セリエA初挑戦となるC・ロナウドクラブ公式チャンネルの独占インタビューで、ユベントス移籍の決め手やセリエAの印などについてった。

「ここにやってこられて嬉しい。ハッピーさ。ユベントス移籍に迷いはなかった。ユベントスと対戦したとき、その都度、のことを好いてくれるイタリアファンの気持ちを感じていたよ。ユーベはイタリア最大級のクラブ世界でも折りのクラブだ」

「なぜユベントス移籍を選択したか? それは素晴らしいクラブだからさ。それに、子供の頃から知っているチーム。いつかあのクラブプレーできたら良いなとも思っていた。セリエAの印プレーしたことはないけど、速やかに適応できると思う。心配はない」

サムネイル画像