清水監督「思い切りよく自分のスイングをしてくれた」

 パナマで開催されている野球15歳以下の世界一を決める「第4回WBSC U-15ワールドカップ」は開催2日の11日(日本時間12日)、オープニングラウンド第2戦が行われた。B組の日本オランダに11-1で逆転勝ちを収め、2連勝を飾った。

 初回、オランダに先制点を許し、4回まで安打に抑えられる苦しい展開を強いられた。だが、5回1死満塁チャンス代打木本内野手静岡裾野リトルニア)が三塁失策を誘う強な打球を放って3点を奪い、逆転に成功すると、6回に6点、7回にも2点を追加。投げては先発・樋上颯太投手ボーイズ)が5回途中までオランダ打線を3安打1失点に抑える好投をみせた。2連勝を飾った侍ジャパン明日12日(同13日)に大会3連覇を狙うキューバと対戦する。

 前日の小から一転、南の暑い日差しの下で行われたオランダ戦。相手の先発左腕に対し、4回まで安打の重苦しい雰囲気を一掃したのは代打木本だった。小一心外野手オール住之江ヤング)の左翼二塁打などで1死満塁とした5回のチャンス。相手が不調の2番手右腕に代えて左腕を送り込むと、清水監督は左打ちの指名打者内野手佐野リトルニア)に代えて右打ちの木本を起用。木本は三塁に強なゴロを放つと、打球は内野の芝でバウンドが低くなり、相手三塁手トンネルを誘う逆転打に。打球が左翼線へと転がる間に、三塁走者だけでなく二塁、一塁走者も生還し、一気に逆転に成功した。

 清水監督の采配が見事に的中した形。指揮官は試合前、木本に対し、相手が左投手になったら代打で起用することを伝えていたという。木本は「チャンスになったらいくと言われていたので、裏で素振りをして準備もできていた。とにかく強い打球を打てば何かあるし、ここで打てば日本の流れになると思った」と振り返る。4回までチーム安打も「みんなベンチで焦っていなかったから、この後チャンスがくるのかなと思っていた」と言い、「結果的に大差で勝てたので、自分の役が果たせてよかった」とかせた。

大会前日練習にグラウンドの芝の常態を入念にチェック

 日本は9日の大会前日練習でも、ノックなどでグラウンドの芝の状態を入念にチェック日本の芝とべ、小さながある部分が多く、打球がイレギュラーする可性が日本よりも高いことを選手たちは把握していた。大会に向けた事前の準備が実を結んだ。

 日本は5回の逆転で全に試合の流れをつかむと、6回には打者一巡の猛攻で6点を追加。さらに7回にも2本の長打などで2点を加え、終わってみれば10点差の大勝。清水監督は「先制を許して少し重苦しい流れになったが、本当に選手が落ち着いて慢強くプレーしてくれた結果が逆転につながった」と、オランダに追加点を与えず、チャンスを待ち続けた選手たちを評価。代打木本については「一番いい場面でと思っていた」とプラン通りの代打だったことを明かし、「思い切りよく自分のスイングをしてくれた。スタメンではない悔しさがあったと思うが、それをここでぶつけてくれた」と、ここぞの一打に拍手を送った。

 12日(同13日)は大会2連覇中のキューバが相手。キューバは初戦でオランダを5-1で、2戦もドミニカ共和を9-0で下しており、接戦が予想される。清水監督は次戦に向け「(戦い方は)一緒ですね。全員で1つのアウト、1点を取りにいくスタイルを連ねていきたい」と話し、全員野球オープニングラウンド3連勝、そして6チーム中、上位3チームが進めるスーパーラウンドへのに手をかける。(福岡吉央 / Yoshiteru Fukuoka

侍ジャパンU-15代表・清水監督【写真:Getty Images】