コントレラスが好送球披露、アウトの後で迫雄叫び

 カブスウィルソンコントレラ捕手が10日(日本時間11日)、本拠地でのナショナルズ戦で衝撃の肩を披露した。

 3-2とカブスが1点リードで迎えた8回表。先頭ハーパー、続くソトに連続四球死一、二塁とした場面だった。キンラーに代わりマウンドに上がったエドワーズJr.はレイノルズと対峙。カウント1-1から3球95.4マイル(約153.5キロ)の外ボール球を投げた時だった。

 捕手コントレラスはリードの大きいソトを見逃さなかった。ボールを捕球するなり膝立ちになり、一塁へ矢のような送球。これをタイミングよくベースカバーに入ってきた一塁手アンソニー・リゾが捕球すると同時に、慌てて帰塁したソトをアウトに仕留めた。それを見届けたコントレラスはガッツポーズとともに雄叫びを上げ、喜びを爆発させた。

 カブス公式ツイッターが「にらみを利かせる」という言葉を添えて動画開すると、衝撃のプレーに感したファンからコメントが相次いだ。

ウィルソンロケット送球

「今季最高の牽制プレー

「大きなプレーだった」

「なんてこった、ウィルソン!!!」

「ワオ」

モンスター…」

アメージングだった」

「パーフェクト!!!」

 結局、カブスは1点リードを守り抜いて勝利。コントレラスのプレーには惜しみない称賛が送られた。(Full-Count編集部)

カブスのウィルソン・コントレラス【写真:Getty Images】